下の写真は今回の写真展「それぞれの視線」のDMに使っていただいとオリジナルです。DMでは少しトリンミングしています。もちろん展示作品12点の内の1枚です。仲間の間ではまずまず好評を得ています。この写真はカナダのトロントで撮ったものです。トロント市内の観光用バスのようです。このバスが目に入った時、私はもちろんあのロバート・フランクの名作「アメリカ人」の表紙に使われたバスの写真を思い出しました。という訳でまあパクリ!なわけです。もちろん内容は全く伴っていませんが、被写体と構図だけは似ています。仲間もそれは分かっていて笑ってくれています(^^♪。バスの乗客のサングラスの女性はなんとなくウイリアム・クラインの「ニューヨーク」みたい😊という方もいて、とにかく私としては大いに気に入っています。
 今回の展示はロバート・フランクへのオマージュでもあります。10点はニューヨークで撮ったもので、私は常にフランクを意識していました。実のところ、「アメリカ人」を持ってもう一度ニューヨークへ行って写真集を見ながら撮りたいと思っています。
d0235865_23400835.jpg
ニコンF5に24~85ミリです。

[PR]
 明日から南船場の壹燈舎で「それぞれの視線/モノクローム4人展」がスタートします。昨日無事搬入を終えました。今回で2回目となる写真展ですが、大いに自身あり、という思いを持っています。モノクロームでの作品ですが、まさにそれぞれの視線というタイトルがピッタリの展示となりました。
 私は12点の展示となりました。ニューヨークとトロントで撮った作品です。風景とスナップになりますが、どちらかと言うと街角での人物スナップが中心になっています。タイトルも「街角で」とさせていただきました。出来るだけ在廊したいと思っています。是非、ご覧になってください。

d0235865_00070657.jpg
私の作品をDMに使っていただきました。

[PR]
 昨日は今年最後の例会でした。そして、例会後に忘年会を開催しました。モノクローム写真に拘るグループですが、今年はメンバーも増えて定例の写真展も開催出来ました。来年もこのクラブのメンバーと様々な活動をしていきたいと思っています。主な活動としては作品展示が中心になりますが、来年はそれぞれのスキルを向上させることが出来るように撮影会を行ったり、写真展を一緒に観に行くことによって理解を深める等の活動も考えています。そうすることによって感性を磨き、お互いが影響しあうことで、それぞれのテーマをより深く探求していくような意識改革まで出来ればいいなと考えています。夢はでっかくですね(^^♪。
d0235865_00253260.jpg
コニカヘキサーです。車内(クロスプロセス)。

[PR]
 昨日は今年最後の例会でした。そして、例会後に忘年会を開催しました。モノクローム写真に拘るグループですが、今年はメンバーも増えて定例の写真展も開催出来ました。来年もこのクラブのメンバーと様々な活動をしていきたいと思っています。主な活動としては作品展示が中心になりますが、来年はそれぞれのスキルを向上させることが出来るように撮影会を行ったり、写真展を一緒に観に行くことによって理解を深める等の活動も考えています。そうすることによって感性を磨き、お互いが影響しあうことで、それぞれのテーマをより深く探求していくような意識改革まで出来ればいいなと考えています。夢はでっかくですね(^^♪。
d0235865_00253260.jpg
コニカヘキサーです。車内(クロスプロセス)。

[PR]
 NHKBSの放送でワールドニュースを見ていたら、フランスの放送局が最近アナログ写真の愛好家が増えているとのニュースを放送していました。フィルムを使っての写真にすっかりはまり込んだ若者や、25年間ポラロイドカメラしか使っていないという方が紹介されていました。特にポラロイドについてはピールアパート方式のフィルムを使っている方が、その独特の雰囲気が大好きだとおっしゃっていました。フィルムを使うと周りをよく見て、いろんなことを考えることが出来るという若者もいました。フランスでは毎年フィルムの販売が伸びているとのことです。デジタル一辺倒になりつつある日本の写真愛好家にも、是非フィルムカメラやインスタントカメラを使っての写真を試してほしいものです。
d0235865_09160446.jpg
コニカヘキサーです。夕景(クロスプロセス)。

[PR]