パナソニックは海外でライカLマウント採用で注目のフルサイズミラーレスのLUMIXS1とS1Rの発売を正式に発表したそうです。しかし私の関心事はオリンパスと共にマイクロフォーサーズの雄であるパナソニックがフルサイズに舵を切った事、そしてオリンパスはこのままマイクロフォーサーズ一本でやり抜くのかということです。
 パナソニックのフルサイズミラーレス参入で、ますますデジタルカメラの世界はミラーレスが中心になっていくのでしょうね。さて、お次はリコーがどう動くかですね。
d0235865_00273146.jpg
コニカヘキサーです。香港にて。

 昨日は光銀クラブの今年初めての例会でした。今月に個展を予定しているメンバーもいて盛り上がりました。このクラブはモノクロームのみのクラブなのですが、銀塩、デジタルがほぼ半々というメンバー構成になっています。でも最近ではデジタルの技術が向上し、技法に関しては遜色無いものになってきましたので、銀塩、デジタルという違いはプリントのクォリティーとしてはあまり意味を持たなくなったと言えそうです。
 フィルムと印画紙を使うということは、とても繊細な部分を感じるということだと思うのですが、どうでしょう。
d0235865_09165497.jpg
コニカヘキサーです。香港にて。

# by jackal-t1y4 | 2019-02-03 09:17 | 写真 | Comments(0)
 若い女性から「フィルムで写真を撮りたいのだが、どんなカメラが良いのか。」という質問を受けました。今、検討しているカメラがあるのかと聞くと、メルカリで見つけたバルナックライカやニッカという答えが返ってきました。私はそれはよした方がいいということと、予算が許すのならニコンかキヤノンのAF一眼レフと標準ズームレンズのセットを推薦しました。カメラやレンズにそれほどの知識がいらないので、写真を撮ることに集中出来るからというのが理由です。少しくらいなら重くても大丈夫ということだったので、ニコンF100あたりを推薦しておきました。さあ、どんな写真を撮ってくれるのでしょう。楽しみです。
d0235865_00470262.jpg
コニカヘキサーです。香港にて。

 プラハでのネガのセレクトを始めました。私はベタを取りませんので、ネガをルーペで覗きながらということになります。これが結構疲れます。何度か繰り返して絞り込んでいくわけですが、撮った時の記憶が邪魔して漏れてしまうことがあります。そこで、1~2年後にもう一度見るようにしています。気が付かなかったネガを見つけることが結構あります。
 作品というレベルに持っていけそうなネガをそれなりにセレクトしています。セレクトが終わると8×10にプリントするのですが、これがなかなか大変です。少し時間がかかりそうです。
d0235865_21065438.jpg
コニカヘキサーです。香港にて。

# by jackal-t1y4 | 2019-02-01 00:07 | 写真 | Comments(0)
 「毛皮のエロス」という映画をご存じでしょうか。10年ほど前の映画なのですが、ダイアン・アーバスをモデルにしています。でも伝記映画では無く、イメージを抽象的に表現したという映画です。当時この映画を観てあまり良い印象を受けませんでした。まあ、期待が大きすぎたということかも知れません。それで昨日、この映画をもう一度観てみました。やはりあまり面白くなかったです。もう少し写真、カメラ、何と言ってもダイアン・アーバスに迫って欲しかったように思います。
 せっかくニコール・キッドマンを主演に迎えているのに、もったいないです。主人公が使うカメラもローライフレックスでしたが、やはりマミヤC3でないとね。おまけにローライフレックスにフィルムを装填する時にローラーの間を通さずに装填していました。細かいディティールもイマイチです。
d0235865_23581148.jpg
Iphone6です。プラハにて。