撮影した4×5のフィルムを早速現像しました。現像方法はタンク現像で、タンクは2種類持っています。JYOBOのタンクとアメリカ製のヤンキーというタンクです。JYOBOは6枚のフィルムを一度に現像出来、現像液も少量で済む優れものなのですが、フィルムの装填が私には難しいので、ヤンキーを購入しました。ヤンキーは小型で一度に12枚現像出来、フィルムの装填が比較的簡単です。でも現像液はたっぷり1.8ℓほど必要で、攪拌が難しいです。今回はヤンキーを使いました。まずまずの現像結果です。ただ、4×5フィルムのクオリティの高いネガを見たことが無いので、自分のネガがこれで良いのかがわかりません。まあ、120であればこんなものかなという感じです。プリントしてみて、4×5のクォリティを感じることが出来るかが問題です。
d0235865_08291898.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
# by jackal-t1y4 | 2018-10-11 08:30 | 現像 | Comments(0)
 昨日は夕方の光がとても美しかったので、4×5を持ち出して撮影しました。友人が無くなり、その遺品をご遺族から譲っていただいたカメラです。来年はこの友人を偲んで4×5での作品を展示させていただこうと奮闘中です。初めての体験で操作方法も全く分からず、本を読みながら、あるいはネットの情報を参考にフィルムをホルダーに入れるところから頑張っています。
 昨日は1時間に4カット撮影しました。ちゃんと写っているのかどうかさえ自信がありません。今更4×5なんてと思うのですが、このカメラを使い素晴らしい作品を発表していた友人の為にも、頑張りたいと思っています。
d0235865_23520440.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
 ニコンサロンで定期的に開催されているポートフォリオレビューには出来るだけ参加するようにしています。35歳以下の若手写真家の為に開催されているのですが、聴講だけであれば私達も参加可能です。高名なプロの写真家や評論家がどのような写真の見方をするのか興味があり、勉強したいという思いからです。レビュアーはニコンサロンの選考委員である飯沢 耕太郎氏、今森 光彦氏、北島 敬三氏、佐藤 時啓氏、長島 友里枝氏が交代で務められています。驚くほどストレートで厳しい意見を言われますが、若い方にとっては、これはとてもありがたいこだと思います。出来る事なら私も自分の写真を見ていただいて、ご意見を拝聴したいと思います。年齢はとっくの昔に超えてしまっていますので無理なのですが😊。20日の大阪でのレビューには是非とも参加させていただきたいと思っています。
d0235865_20390684.jpg
コニカヘキサーです。大阪環状線駅ホームにて(くろすぷろセス)。

[PR]
 いつもチェックさせてもらっている方のブログ情報によりますと、最近最も売れているカメラはキヤノンのEOS Kiss Mらしいです。台数ベースではミラーレスがベスト10を独占しているとのことです。金額ベースでは一眼レフが入ってくるらしいですが、この調子でいくとミラーレスがデジタルカメラの主流になり、一眼レフカメラは特殊なカメラになってしまうのかもしれません。そこで気になるのはやはりライカというカメラです。ライカM10-Pも発表されています。いったいどれくらい売れているのでしょうか。私の周りのデジタル派の皆さんでライカを使っている方はほんの数名です。日本のデジタルカメラは文句なく世界一の性能であり、選択肢は日本製しかないとさえ思わせる中で、気になるカメラNO1はやはりライカですよね。私も体力的にフィルムと印画紙が使えなくなったら、デジタルライカを考えてしまうかもです(*^^*)。
d0235865_09052942.jpg
ミノルタTC-1です。大阪市内某所にて「ダメ、ダメ~😊」(クロスプロセス)。

[PR]
 16日からの光銀クラブの写真展「光銀事変Vol.4」で展示させていただく作品のプリントが終わりました。今回は初めて街角での人物スナップの作品を10点展示させていただきます。「え~!人物?」と思われる方もおられるかと思います(^^♪。確かに展示させていただくのは初めてです。でも私が写真を撮り始めた頃はブレッソン、木村伊兵衛のスナップが好きで街へ出ては人々にカメラを向けていました。森山大道は少し後です。
 今年の8月に旅行したカナダでは結構街角で人物をスナップさせていただいたので、その中から10点を選んでプリントしました。プリントはできるだけ普通を意識しました。
 16日からです。南船場の壹燈舎に是非お越しください。
d0235865_00262838.jpg
コニカヘキサーです。虹(クロスプロセス)。

[PR]