人気ブログランキング |
 私の次の展示予定ですが、壹燈舎の企画公募展「光の誘惑2019」に参加させていただく予定です。光がテーマということで、メキシコのカンクンで撮った溢れる光を感じていただけるような作品を展示させていただこうと思っています。光の誘惑というテーマタイトルですが、私の作品は単純に光溢れる風景にしたいと思いセレクトしました。綺麗な光だなと感じていただければ大成功なのですが❓
 会期は6月26日から30日までです。よろしくお願いいたします。
d0235865_23491508.jpg
ニコンF5に24ミリ~85ミリです。プラハ、カレル橋より。

 今回のパリ旅行で見かけたカメラなのですが、圧倒的に光学式一眼レフでしたね~。まずニコン、そしてキヤノン、たまにソニー、ちらっと富士。以外にオリンパスを見かけませんでした。それと、ニコンやキヤノンのフルサイズミラーレスは全く見ませんでした。ヨーロッパではまだまだ一眼レフがメインのような気がします。ZやRを普通に見かけるのはまだちょっと先かもしれません。
 私は今回、ニコンF5に24ミリ~85ミリを持って行ったのですが、確かに重く感じるようになりました。ミラーレスの軽さは魅力です。でもF5のファインダーとシャッターはやはり素晴らしいですね。
d0235865_23180447.jpg
コニカヘキサーです。街角で。

 ついに噂が本当になりました。富士フィルムがモノクロフィルムのアクロスの復活を発表しました。その名も「アクロスⅡ」、私の予想はアクロスネオだったんですが、発売は10月との事です。ただ価格は未定との事で、若干気がかりなところです。コダックやイルフォードより少しは安価であることを期待します。35と120のみの製造販売であるのは致し方ないことなのかもしれません。これで現像液等の薬品類も販売が続くと予想されます。
 とにもかくにも朗報です。早く使ってみたいですね。
d0235865_23102892.jpg
コニカヘキサーです。ダブルイメージ。

 写真の話ではないのですが、パリを歩いていて思ったことがあります。街はやはり美しく、独特の雰囲気があります。素晴らしい街です。ただ今回思ったのは、自分が歳をとったからなのか、パリの地下鉄はとても便利なのですが、老人や体の不自由な人には優しくないということです。とにかく暗くて通路が長く、階段が多く、おまけにエスカレーターやエレベーターがありません。日本では考えられない状況です。バリアフリーという考えはないのでしょうか。多くの人々が生活し、世界中から観光客が訪れる街なのに、これでは明らかに都市機能として貧弱と言わざるをえません。
 まあ、私達は重いカメラとレンズ、そしてフィルムを持って歩き回ったので、余計にそう思うのかもしれませんけどね~😊。
d0235865_23270041.jpg
コニカヘキサーです。街角で。

# by jackal-t1y4 | 2019-06-11 00:13 | 旅行 | Comments(0)
 今回のパリ旅行でスナップしている写真家に出会いました。お一人はペンタックスのフィルムカメラを使う熟年カメラマン。リュクサンブール公園を撮影していた私達をすれ違いざまにスナップしていかれました。なかなかの巧者でした。それからムフタール街でスナップしていた若いカメラマン、こちらは富士のX-T2だったと思います。今回はどちらからともなく話しかけたのですが、インスタグラムに作品をアップしているとおっしゃっていました。あなたは現代のブレッソンですねと言ったら、にっこり笑っておられました。素敵な出会いでした😊。
d0235865_00221067.jpg
コニカヘキサーです。影。

# by jackal-t1y4 | 2019-06-10 00:22 | 旅行 | Comments(0)