<   2018年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 最近と言っても随分前からですが、ほとんど使わないレンズがあります。それはいわゆる望遠レンズです。35で言いますと135ミリ以上のレンズを最近使った記憶がありません。一応500ミリまでは持ってはいるのですが、防湿庫で眠ったままの状態です。動物園に通っていた頃は200~300は必須のレンズでしたのに、今は広い方ばかりに向かっています。なぜなんでしょう。被写体がそうなのだとも言えますが、私は視力の問題も大きいと思うのです。要するに200ミリや300ミリで撮るべき被写体を見つけられなくなってしまったのだと思います。確かに流行りもあるとは思いますが、やはり眼でしょうね。若い頃は望遠で桜を撮ったりしていましたもの。
 久しぶりに500ミリを持って動物園にでも行ってみようかなんて思っています。でも私の持っているレンズはマニュアルフォーカスなので、ピントを合わせることが出来るのかが問題です😊。
d0235865_23453849.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
 先日のことなのですが、ご近所を撮影しようとリンホフを持ち出しました。メチャクチャ重いベルボンのマーク7を立て、リンホフをセット。フロントを開けてジャバラ部分を出して、レンズをセット。さておおよその構図を決めようとレンズキャップを外し、絞りを開放にし、シャッターをオープンにしました。そして後ろへ回ってピントグラスを覗くとなぜっか真っ暗なのです。慌てて前へ回ってレンズのレバーをカチャカチャ、シャッターが開いていることを確認しました。ところがピントグラスは暗いままなのです。若干パニック、落ち着こうと深呼吸。ちょっと待てよと、レンズを外してみました。なんとレンズのリアキャップを外し忘れていました。お笑いです😊(^^♪。
d0235865_23523175.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
 南船場の壹燈舎では明日からおやじの会女子部写真展「女子部今年も始めました」がスタートします。おやじの会の女性会員による写真展です。今年は8名が参加しています。
 ほぼカラーによる作品ですが、モノクローム作品も一名出展されています。全く個性の異なるメンバーで、作品もオーソドックスな風景から、現代アートに通じる作品もあり、とても楽しめます。
 芸術の秋です。是非、ギヤラリーに足をお運びください。
d0235865_10564034.jpg


[PR]
 本日は30日から南船場の壹燈舎で開催される「おやじの会女子部写真展」の搬入があり、お手伝いさせていただく予定です。今回の展示メンバーは8名で、おそらくとても個性的な作品が並ぶと思います。私は毎年、この写真展をとても楽しみにしています。私自身ではとても考えつかないような、思いつかないような作品群が並ぶのです。それらに凄い刺激を受けることが出来ます。最近の写真会における女性の活躍は目を見張るものがあります。
 是非、ご覧になっていただきたいと思います。
d0235865_08242971.jpg
コニカヘキサーです。雨日(クロスプロセス)。

[PR]
 12月に予定しているモノクローム4人展「それぞれの視線」の為のセレクトをほぼ終えました。夏の旅行で行ったニューヨークでの作品を中心にし、カナダのトロントとメキシコのカンクンでの作品も加えることにしました。後はプリントしてみて、最終セレクトするつもりです。
 今年最後の展示になります。この4人はモノクローム大好き人間なのですが、その視線は全く違います。その違いが面白くて写真展を企画しました。2回目になりますが、今回も興味深い展示になると思っています。私もですが、皆相当力が入っていると思います。楽しみです。
d0235865_08231826.jpg
コニカヘキサーです。雨日(クロスプロセス)。

[PR]
 デジタルカメラとフィルムカメラの見た目の一番の違いは、あの背面液晶の存在だと思います。ところが、デジタルライカには背面液晶を省略したモデルが存在しますし、そんな新しいモデルも発売されるとか。私がもしデジタルカメラを使うのであれば、絶対に背面液晶のあるカメラを選びます。あれほどデジタルカメラらしい装置はありませんし、あれほど便利な物は無いと思います。
 フィルムでは現像しなければどんなふうに写っているのかわかりません。手応えを感じても不安と期待が入り混じったりします。その辺りはデジタルであれば、すぐに確認できますからね。それがデジタルカメラの最大の特徴と言えると思います。
d0235865_23461113.jpg
コニカヘキサーです。雨日(クロスプロセス)。

[PR]
 次の私の展示予定なのですが、12月に予定していますモノクローム4人展「それぞれの視線Ⅱ」になります。この写真展は銀塩モノクロ2名、デジタルモノクロ2名の写真展で、特に共通のテーマは無く自由な作品展示となります。私は夏に旅行したニューヨークでの写真を中心に展示させていただこうと思っています。
 セレクトを初めているのですが、まだ展示点数がどのくらいになるか決まっていません。出来るだけ多く展示させていただきたいとは思っているのですが。

d0235865_23550795.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。


[PR]
 いつもチェックさせてもらっているブログ情報によりますと、フランス製のライカMマウントのデジタルカメラが発表になりそうだとの事です。もちろんレンジファインダーカメラとの事です。おまけに背面液晶画面を装備していないらしいです。写真発祥の地から新しいデジタルカメラが、それもまるでライカのようなカメラが出るなんて驚きです。日本の独壇場とも言えるデジタルカメラの世界に一石を投じることが出来るがどうか、興味深々ですね。一刻も早くその姿を見たいものです。
d0235865_00071550.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
 ミラーレスがの売れ行きが伸びているそうですが、そのミラーレスのフランジバックが短いことを利用して。各種マウントアダプターが発売されています。各メーカーも自社の別シリーズのレンズが使えるように発売しています。それと海外のメーカーが様々なレンズを使えるようにと盛んにアダプターを発売していますが、早速ニコンのZ、キヤノンのEOS R用のマウントアダプターが発売されるらしいです。まあ、色んなレンズを楽しむのも良いことだとは思いますが、私自身は良く写ればOKなのでレンズのメーカーにはあまりこだわりがありません。もちろんカメラとレンズは大好きなのですが、ちょっと違うという感じです。
 でも、おもいっきり古いレンズ、たとえばダゲレオタイプや湿版写真の頃のレンズを使ってみたいとは思いますすけれどね。
d0235865_00103997.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
 南船場の壹燈舎で開催していました光銀クラブ写真展「光銀事変Vol.4」は無事終了しました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。来年はメンバーも増えて開催させていただく予定です。モノクローム写真のみの写真クラブです。もしもご興味がおありでしたら、壹燈舎にご連絡ください。例会の見学も自由です。
d0235865_00005595.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]