<   2018年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 カナダのトロントには有名なオンタリオ美術館があり、楽しみにしていました。ゴッコ、モネ、モジリアニ、ピカソ等の名品が揃っていました。それとウォーホルの有名な作品や現代アートの作品も多く展示されていました。それから、ちょうど写真の展示も行われていて第一次大戦当時の写真だと思われますが、とても興味深いものでした。
 日本の多くの美術館と違い欧米の美術館はストロボ禁止ですが、原則撮影OKなので私も観た記念に撮って来ました。以下はそんな写真です。
d0235865_23342668.jpg
d0235865_23345986.jpg
d0235865_23353176.jpg
Iphone6です。

[PR]
 南船場の壹燈舎と帝塚山のライムライトの共同企画展の「写真回廊」が今年も開催されます。壹燈舎のオーナー杉本氏がライムラトで、ライムライトのオーナーである児嶌氏が壹燈舎で個展を開催します。お二人ともディープな銀塩モノクロ派であり、今年も力のこもった作品が展示されます。
 デジタル全盛の今日ですが、銀塩モノクロはしぶとく生き残っています。是非、二つのギヤラリーに足をお運びください。


d0235865_09253557.jpg
d0235865_09262132.jpg

[PR]
 さて、今回の旅行での最初のトラブルは到着した空港での荷物の受け取りで、スーツケースが出てこないという、いわゆるロストバゲージです。大阪からカナダのトロントに行くには関空からは直行便が飛んでいません。そこで、伊丹から成田へ飛び、そこからエアーカナダでカルガリー経由でトロントに飛ぶしかありません。カルガリーで入国審査がありますので、荷物もいったんピックアップし、ふたたび同機に預けるということが必要になります。私の二つのスーツケースは確かにカルガリーではあったのですが、到着したトロントで一つ行方不明になってしまったのです。英語がほぼダメな私、1時間ほど片言で交渉しましたが、全くどうにもなりません。そこで、日本人の英語が出来る方を必死で探しました。やっとの思いでお願いしたところ、私の荷物はカルガリーに残っていることがわかりました。翌日の夕刻、ホテルに届きましたが、相当のストレスでフラフラになりました。
 英語が少しくらい喋れるようになりたいものだと心底思いました。
d0235865_07380729.jpg
d0235865_07384668.jpg
Iphone6です。トロントにて。
d0235865_07391137.jpg
トロントの韓国BBQのお店にて。



[PR]
 昨日、仲間が参加している写真展「2018 フォトストリート写真展」に行って来ました。展示ギャラリーが姫路ということで、ちょっと時間はかかりましたが、素晴らしい写真展で大満足です。写真展はメンバー6名とゲスト6名の12名がとても広いギヤラリーで、それぞれの個展のような様子で展示されています。その中で、メンバーの島内治彦氏の40年前に撮影された「津軽」の作品が圧巻でした。島内氏が19歳の時に津軽を旅した際の作品です。 驚いたことに、今回初めてプリントしたとのことだったのですが、実に素晴らしいモノクロ作品で、19歳の若者が撮ったものとはとても信じられない完成度の高い作品でした。他の作品もとても素晴らしいものです。今日と明日で会期が終わります。時間がある方は是非ご覧になってください。
d0235865_06575352.jpg

[PR]
 今回の旅行では35はニコンF5に24~85ミリのズームレンズを持って行きました。私としては珍しいことです。なぜかと言いますと、今回ニューヨークに行く予定があったからです。とても広くて、大きいい街という印象があり、短い滞在日数ではゆっくりとレンズ交換するのは大変だろうと考えてズームにしました。結果としてはとても便利でした。どんどん次の撮影に向かえるという感じです。ただし、普段のように構図を決めて4隅を十分に確認するという撮影方法は取らず、パッと見てパッと撮るという感覚でした。ですから、手応えをあまり感じる事は出来ませんし、ある程度の手応えを感じたとしても結果はより不確かということになります。でもズームレンズを使ったことで、フィルムの消費本数は増えたように思います。
 来週から現像を始めるつもりです。さて何が写っていますでしょうか・・・楽しみです。
d0235865_22484549.jpg
d0235865_22503758.jpg
Iphone6です。暮れゆくトロントの街です。

[PR]
 今回の旅行でも撮影はとにかくスマホがNO1、どこへ行っても皆さんスマホで撮影です。写真を撮っておられる方、動画を撮っておられる方、スマホを自由自在に使っておられました。フィルムカメラを使っているのはどこへ行っても私一人です。
 それでもたまにはカメラを持っている観光客や旅行者を見かけましたが、ソニーのα7系が目立ちました。海外ではまだまだ光学式一眼レフがほとんどだと思っていましたが、どうやら状況は変わりつつあるようです。まもなくニコンがフルサイズミラーレスを発表しますし、いずれキヤノンも当然追随するはずです。
 デジタルカメラの世界も様変わりするのかもしれませんね。
d0235865_00040125.jpg
Iphone6です。夕刻のトロントにて。

[PR]
 カナダのトロントも今年はとても暑いということでした。でも、超酷暑の日本に比べればとても過ごしやすい気候です。街はとても落ち着いた雰囲気で、街行く人たちはとてもファッショナブルでフレンドリーです。カナダの国土がそうするのでしょか。
 今回持って行ったブロニカRFですが、とても使い易くて快適でした。ただ普通に構えると縦位置になるので、いつもより縦位置の写真が増えたように思います。レンズは45ミリなのですが、専用ファインダーを持って行かなかったので少し不便でした。ファインダーギリギリ一杯が視野になります。ですから急いでいると少し曖昧な構図になってしまいます。まあそれも慣れですけどね。フィルム1本16カットはなかなか快適です。
d0235865_23320001.jpg
d0235865_00093379.jpg

Iphone6です。トロントにて。


[PR]
 昨日、無事に旅行から帰って来ました。今回は飛行機とホテルを予約しただけの旅行でしたので、様々なトラブルにも見舞われましたが、旅行そのものはとても楽しいものでした。
 トラブルも含めて、ゆっくりご紹介したいと思っています。肝心の写真ですが、目標の100本にはわずかに届きませんでした。でも十分撮れたと思っています。そのうちの何枚かはいずれ展示させていただきたいと思っていますので、またよろしくお願いいたします。
d0235865_07104113.jpg
Iphone6です。夕刻に到着したカナダのトロントの街角です。


[PR]
旅行に出かけますので、しばらくの間、お休みさせていただきます。
d0235865_23495758.jpg
Iphone7です。ナイアガラの滝。

[PR]