<   2018年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 ニューヨークでは柄でもないのですが、美術館にも行ってきました。有名なメトロポリタン美術館とニューヨーク近代美術館、通称MOMAです。メトロポリタン美術館ではルノワールの「ピアノを弾く少女」を観ました。ちょっと感動ものでしたね。それからゴーギャンやフェルメール等々、ここにあったのかという感じでした。MOMAではゴッホやピカソなんかも観ることが出来ました。色んな本や学校の教科書で見たことのあるものがいっぱいで圧倒されました。ど素人の私がそうなのですから、愛好家の皆さんなら超感動!なんでしょうね。
d0235865_23302962.jpg
d0235865_23325022.jpg
d0235865_23333618.jpg
d0235865_23413495.jpg
d0235865_23422130.jpg
d0235865_23425114.jpg
Iphone6です。とにかく凄かったの一言です。

[PR]
 ニューヨークではいろんなところに行きたかったのですが、その中でも特に行きたかったところの一つにブルックリンブリッジがあります。この橋はとにかく映画で何度も見ていて、とにかく行ってみたかったのです。自由の女神像を見てからタクシーで行ったのですが、橋が見えてきたときはなかなかの感動ものでした。いろんな映画のシーンを思い出したのですが、何と言っても「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」です。あの映画に出てくるブルックリンブリッジと同じ角度で撮りたかったのですが、それはかないませんでした。でも、ゆっくりと橋を歩いたのですが、素晴らしい体験でした。
d0235865_07545009.jpg
d0235865_07551799.jpg
d0235865_07561676.jpg
Iphone6です。ブルックリンブリッジにて。

[PR]
 南船場の壹燈舎では「自分らしい写真」展が開催されています。この写真展は壹燈舎の企画展で、毎年の恒例となっています。今年も11名の参加者が自分らしいということを考えながら制作した作品が展示されています。
 なかなか自分自身の事を考えるのは色んな意味で難しいものですが、参加されている皆さんは案外気軽に自分の好きな物、あるいは自分が撮り続けているテーマ等の作品を展示されているように思いました。
 連日の猛暑ではありますが、ちょっと楽しい写真展に足を運びませんか。
d0235865_07120378.jpg
Iphone6です。ニューヨーク、グランドセントラル駅にて。

[PR]
 あちらこちらで話題になっているニコンZ6、Z7ですが、疑問点も浮かび上がってきているようです。最も多く聞くのが記憶媒体がダブルスロットになっていないということのようです。私のようなフィルム派にはよくわからなかったのですが、デジタル派の皆さんに聞くとシングルとダブルでは安心感が全く違うということのようです。デジタル派の皆さんは過去に一度くらいはデータが一瞬で消えてしまったというトラブルにみまわれたことがあるらしいのです。それと一枚はLOWでもう一枚はJPEGで保存するという方も多いそうです。
 私もデジタルカメラは一応持ってはいますがシングルスロットです。もちろんデータが消えてしまったというようなことは経験がありません。まあ。プロが使うようなカメラなのになぜダブルスロットになっていないのかということなのでしょうね。ニコンのことですから、いずれもっと凄いZがでるんじゃないですか。もちろんダブルスロットで。
d0235865_07092739.jpg
Iphone6です。タイムズスクウェアにて。

[PR]
 帝塚山のライムライトではOkajimax × 兒嶌秀憲 コラボ展「Plastic love」が開催されています。Okajimaxこと岡島氏は阿波座のBEATSギャラリーのオーナーで、お二人はビジュアルアーツの先輩後輩というご関係です。
 今回はお二人ともLomographyを使っての作品で、ライムライトの1Fと2Fのスペースで違ったイメージの作品群が展示されています。もちろんOkajimax氏はデジタルカラー、兒嶌氏は銀塩モノクロでの作品です。お二人の強烈な個性が輝るコラボ展となっています。是非、足をお運びください。
d0235865_07013454.jpg
Iphone6です。ニューヨーク、右がトランプタワーで左がティファニー本店です。


[PR]
 今回の旅行の最後の訪問先はニューヨークです。ニューヨークは一度は行ってみたい街の一つでしたが、今回旅の終わりに短い時間ではありましたが立ち寄ることが出来ました。行ってみたい所がたくさんありましたので、タクシーを使い駆け足で回りました。旅行雑誌に載っている定番の場所はほぼ回ることが出来たのですが、どこへ行っても映画やドラマで何度も見たことがある場所で、初めてとは思えない感じもありました。でもニューヨークは何と言っても人々です。道行く人々はとてもエネルギッシュで個性的、街そのものより人々が素晴らしく、めったに人を撮らない私が、随分シャッターを切りました。ファインダーを覗いても撮りましたが、久しぶりにノーファインダーでガンガン撮りました。現像が終わるまで、何が写っているのやら、果たして写っているのかさえもわかりませんが、それも楽しみの一つです。
d0235865_06361187.jpg
Iphone6です。タイムズスクエアにて。
d0235865_06372247.jpg
ブルックリンブリッジです。
d0235865_06381693.jpg
エンパイヤステートビルより。

[PR]
 ニコンのフルサイズミラーレスのZ6、Z7ですが、概ね交換を持って迎えられたようです。色々な意見を聞きましたが、私の仲間の間では55ミリの大口径マウントと高精細のEVF、それとニコン初のボディー内手振れ補正が高評価でした。特にマウントに関してアダプターを使って旧レンズが使えるというよりも、大口径になり高性能なレンズがどんどん出てくるだろうという点が評価されていました。
 Z6、Z7という名称について私同様?という意見が多かったです。ちょっとややこしいという意見や、なぜ6、7なの、分からないという意見が聞かれました。確かにソニーの7と9は理解できますけどね~😊
 とにかく、早く触ってみたいですね。
d0235865_07222741.jpg
Iphone6です。トロント、ケンジントン地区にて。

[PR]
 昨日、ニコンがついにフルサイズミラーレスカメラを発表しました。ニコンの将来を左右するかもしれない機種です。スペックは文句なし、なのは当たり前ですよね。私の1番の関心事であったデザインですが、なかなか良いのではないでしょうか。ファインダー部(ペンタ部)が新鮮です。機種名のZ6、Z7ですが、これはちょっと?です。Zはペンタックスが使っていましたし、ちょっとマンガチックな気がします。6と7はどうなのでしょう。1はいつか出るのでしょうか。
 それとマウント径が大きくなったことで、どんどん高性能なレンズが出そうです。f0.95のノクトは楽しそうです。相当なお値段になるでしょうが😊。
 デジタルカメラの節目のカメラとなるかもです。
d0235865_07214714.jpg
Iphone6です。トロント、ケンジントン地区にて。

[PR]
 メキシコのカンクンから車で3時間の所にマヤ文明の遺跡で有名なチチェン・イッツァーがあります。とても立派な遺跡群で大きなピラミッドがあり愕きました。エジプトだけではなく、カンボジアやメキシコにもピラミッドがあるんですね~、とても不思議に思いました。
 ところでバスでの移動でしたので、ずっと外を見ていたのですが面白いことに気が付きました。村々でコカコーラの看板がとても目に付くのです。それでガイドさんに聞いてみました。するとメキシコは世界一のコカコーラ消費国であるということと、メキシコのコカコーラは糖分をサトウキビから取っているいるので、さっぱりしていてとても美味しいのだということでした。それから機会あるごとにコカコーラを飲んだのですが、確かに日本のコカコーラのネットリ感がなく、とてもスッキリとしていて美味しかったです。こちらでは哺乳瓶でコカコーラを飲んでいる赤ちゃんまでいるとの事、でもそれはちょっとね~😊。
d0235865_07241051.jpg
d0235865_07245318.jpg
d0235865_07252511.jpg
Iphone6です。チチェン・イッツァー遺跡群と近くのセノーテです。

[PR]
 カナダのトロントの次の訪問先はメキシコのカンクンです。カリブ海のカンクンは一度は行ってみたいと思っていたリゾートで、青い空、青い海、明るく陽気な人々、期待通りの素晴らしいリゾートでした。メキシコと言えばとても危険な所というイメージがありますが、カンクンは治安も良く海外から多くの観光客が来ています。ほとんどがアメリカやヨーロッパからでアジア系の観光客はあまり見かけませんでした。ただ、日本からのハネムーン客は多いようで、日本人はとても歓迎していただけるようです。
d0235865_08114896.jpg
Iphone6です。メキシコ、カンクンにて。





[PR]