<   2018年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 私達ニコン党が誇りにしているのがニコンFから連綿と続くニコンFマウントです。対してキヤノンは次々と新しいマウントを開発してきました。最近思うのですが、ニコンがこのFマウントに拘ってきたのは果たして正解だったのかという疑問です。確かにどのレンズでも装着出来るというのは一見素晴らしいことのように思えますが、現実にはかなり無理が生じています。絞り環の無い最新のレンズをニコンFに装着して使うのは無理ですし、ニコンF時代のレンズを最新のD850に使っても性能をフルに発揮出来ません。
 私はデジタルカメラの開発に際し、新マウントを採用すべきだったと思います。次のチャンスはフルサイズミラーレスの開発です。これに関してニコンが最も力を入れているのは、マウントではないかと思っているのです。そう簡単にマウントを変更することは無いニコンですから、永遠のニューマウントを期待しています。
d0235865_23271456.jpg
EOS1-Vに24ミリです。カンボジア、シュムリアップにて。





[PR]
 4月20日から始まるグループGINの写真展のDMが出来てきました。今回は私の作品をDMに使っていただきました。ですから必然的にこの作品は展示しなくてはなりません。4点の展示予定なのですが、この作品の雰囲気を生かすべく後の3点をセレクトする必要があります。犬が被写体になっている写真を探そうかと思っているのですが、問題は雰囲気ですよね。4点なのでテーマというほどの物は無くても雰囲気というかイメージは必要です。あれとあれをといった感じで目星はつけているんですけどね~・・・まだプリントしていないので上手く行くかどうかちょっと心配です。
d0235865_23530877.jpg

[PR]
 今週末と思っていた桜ですが、あっという間に満開です。昨日、慌てていつもの桜スポットへ行きました。ご近所のお寺なのですが、大阪桜の百選にもなっている所で美しく咲いていました。ちょっと山手なので、ほぼ満開という感じでした。おそらく今日が満開だと思います。
 毎年のことなのですが、私が一番撮りたい桜は映画のラストシーンに出てくるような、風に舞う桜吹雪です。未だに遭遇しません。散る時期にそれなりの風が吹いてくれないとダメという難しい条件で、昨年も随分トライしたのですがダメでした。今年も頑張るつもりです(^^♪。RZ67にレンズ色々で待機中😊。
d0235865_07132417.jpg
EOS1-Vに24ミリです。カンボジア、シュムリアップにて。

[PR]
 昨日は天王寺の新世界界隈をぶらつきました。お伴は最近のマイブームになっているニコンF3Pに18ミリです。しかし、新世界も随分変わりましたね。まず、派手な看板が増えました。それと至る所にビリケンさんがいます。妙に串カツ屋が増えました。それとそこそこのホテルが増えました。国内外からの旅行者が増えたということなのでしょう。昨日気が付いたのですが、古い建物が解体されて駐車場になっている所が散見されました。いずれ新しく何かが建設されるのだと思います。ジャンジャン横丁もべたべたの大阪の雰囲気から観光地の様相を呈してきました。少し残念です。
 多くのカメラマンの被写体になって来た新世界も大きく様変わりし、大阪の観光ポイントの一つになったようです。
d0235865_07252570.jpg
EOS1-Vに24ミリです。アンコールトムにて。

[PR]
 今年のカメラグランプリの一環である「あなたが選ぶベストカメラ賞」の投票が始まったようです。昨年はオリンパスOM-D EM-1Ⅱがカメラグランプリとの二冠に輝きました。私の私的偏見と独断によりますとニコンD850が二冠に輝くと思っています。最近のデジタルカメラの中ではやはりインパクトのあるカメラだと思うのです、たしかにソニーα9を推す声もあると思いますが、まだもうちょいというところだと思うのです。
 この二つのカメラ賞ですが、確実にセールスも影響していると思います。やはり良いカメラは売れるということですよね。
d0235865_00145234.jpg
EOS1-Vに24ミリです。アンコールワットにて。

[PR]
 さて今年も間もなく桜です。毎年のように撮っているわけですが、今年もいつもの場所へ撮りに行くつもりです。ひとつはご近所の桜の名所と言われているお寺です。もう一つは南海電車の沿線沿いの桜です。いずれも毎年見事なな桜を見ることが出来ます。この2年ほどは雨が降ったりして、美しく散った花びらを撮ることが出来ました。
 今年は色々試してみようと思っています。カメラも35と67を考えています。そして天候を選ばず、気にせず撮ってみようと思っています。
 ところで、後何回桜を見る事が出来るでしょうかね~😊
d0235865_23022059.jpg
EOS1-Vに24ミリです。カンボジア、生きた豚をバイクで運ぶ人。

[PR]
 IphoneのOSが更新され、不具合のあったニコンのキーミッションのソフトもやっと更新され、キーミッションが使えるようになりました。この2か月とても不便だったのがやっと解消されたというわけです。ニコンもその事を広報しています。
 最近のカメラはメカというよりPCで動く電気製品というイメージです。なにがどうなっているのか想像も出来ません。フィルムカメラの場合、今、カメラで何が起こっているのかはっきりと理解出来ます。フィルムが巻き上げられ、絞りが絞り込まれ、シャッターが動き、フィルムに光が到達し、フィルムに定着されたという一連の流れが伝わってきます。たまに使うデジタルカメラにはそういった感覚がまったくありません。私には眼前の光景をフィルムに定着しているんだという感覚こそが写真を撮っていると感じさせます。
d0235865_00354573.jpg
EOS1-Vに24ミリです。空と森。

[PR]
 引き伸ばし機のメンテナンスをしました。まあメンテナンスと言っても清掃と注油なんですけどね。現在使用中の引き伸ばし機はまずダーストのM805BW、これは集散光式ですのでコンデンサーを綺麗にすることが大切です。ダストスプレーで埃を取り、レンズクリーナーで清掃です。次に各部分の埃を取り清掃、昇降に使われている支柱後部のバネをオイルで拭いてやり、ピント調節部への注油です。もう一台はオメガD5スーパークロメガダイクロイックⅡです。これは散光式ですので、各部の埃をダストスプレーで取り清掃、支柱の昇降部のラックとバネをオイルで拭き、ピント調整部分への注油です。オイルについては精密機械用のオイルを使うことが大切です。品質が悪いと埃を吸ってベタ付いたりします。そして普段は大きなビニール袋を被せて全体を包み込むようにしています。
 ちょっとした気使いで快適に使用できます。
d0235865_01071923.jpg
EOS1-Vに24ミリです。静か遺跡は雰囲いいですよ。


[PR]
 最近のバライタ印画紙ですが、以前のものよりドライダウンが大きいように感じるのは私だけでしょうか。イメージとしては10%くらい露光をダウンすれば良いと思っていましたが、どうも15%~20%位に感じる事があります。そんなに神経質にはなっていませんが、どうも大きいという感じです。まあ、そんなに気になるのなら電子レンジで乾燥させれば良いのですが、そこまではやってません。
 今は無きアグファのバライタ印画紙はドライダウンしない紙でしたね。バライタ紙その物の品質の問題もあるのでしょうね。色んなところで銀塩文化までダウンしているように思います。
d0235865_23433773.jpg
EOS1-Vに24ミリです。カンボジア、シュムリアップにて。

[PR]
 ご存じアラーキーのドキュメント番組を見ました。もう77歳になられるのですね。そこで「77歳 切実」なんだそうです。前立腺癌の手術、右目の視力喪失と大変なことがあり、体調も決して良くないとの事です。引退も考えたけれども、やはり写真を撮りたい見せたいという意欲は衰えず、今年も写真集の出版、国内外での写真展と大活躍です。アラーキーと森山大道氏には本当に驚きますね。お二人とも80歳目前ですが、その写真はまったく衰えていませんからね。
 荒木氏は今もフィルムがメイン。ペンタックス67やMZ-Sを使っておられました。森山氏はデジタルに移行されましたが、そのあたりも含めてこのお二人の今後の動向には注目です。
d0235865_16330541.jpg
EOS1-Vに24ミリです。アンコール遺跡群にて。

[PR]