カテゴリ:フィルム( 70 )

 仲間から電話がかかってきて「古いネガを缶に保存していたのだが、久しぶり開けたらネガがふにゃふにゃしている。どうすればよいのか・・?」ということでした。それで酸っぱいような匂いがするのではとお聞きすると、その通りとのこと。それはビネガーシンドロームというトラブルで、回復方法は無いこと、そうなってしまったネガを隔離しないと、症状が他のネガに移ってしまうことをお伝えしました。
 このトラブルはフィルムの大きな問題で、湿度と温度を適正に管理しないと起こってしまいます。私達が出来ることは、防湿庫を利用するか、風通しを良くすることくらいしかありません。
 写真を残す最良の方法はバライタ印画紙でプリントし、アーカイバル処理を行うことにつきます。結局、紙ベースで保存するのが一番というわけです。
d0235865_23471623.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
 例の富士フィルムがモノクロフィルムの再生産を検討しているとのニュースですが、フェイクニュースではと思っていたのですが、どうやら本当に検討しているらしいです。富士への取材で検討しているとの回答を得たというニュースが複数から出されています。
 これが現実となってアクロスが再生産されるようになるとどんなに嬉しいでしょうね。フィルムが再生産されるということになれば、薬品類も当分は製造販売が続くということでしょうから、フィルム派にとってはまだまだフィルムと印画紙で作品を製作出来るということです。富士さん、お願いします!!。
d0235865_23505302.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
 驚きのニュースが飛び込んで来ました。真実なのか、単なる噂が拡散したのか、それとも誰かが仕掛けたいわゆるフェイクなのか分かりませんが、富士フィルムがモノクロフィルムの再生産を検討しているというのです。驚きでしょ。にわかに信じられないニュースです。おまけに再生産されるかもしれないフィルムはプレストやアクロスではなく、新しいフィルムであるというのです。ビックリしてとにかく確認しようとしたのですが、確かなことは分かりませんでした。直接問い合わせても教えてもらえないでしょうしね~。とにかく本当なら、こんな嬉しいことはありません。
 以下は私の想像ですが、新しいフィルムは現像液でコントロールすることによってISO50から1600まで自由に変化させられ、超微粒子、微粒子、粗粒子も自由自在なんてことは無いのでしょうか。富士の技術力なら可能なのではないでしょうか。とにかく夢のような話ですが、正夢であればいいですね~(^^♪。名前は「ネオパンアクロス プロフェショナル」でどうでしょうか。
d0235865_23401697.jpg
オリンパスPEN EP-3に14ミリです。街角で。

[PR]
 私は35は基本的には長巻フィルムしか使いません。メインの使用フィルムはトライXです。ところがトライXの長巻が急に3万円以上になってしまったのです。理由は分かりません。本国アメリカではその半額以下で売られているという話を聞いたことがあります。日本の代理店のなんらかの思惑が絡んでいるのでしょうか。それで、当然誰も購入しないということになり、今では販売もされていないのではないでしょうか。
 値上がりする直前に、出来るだけ買い溜めして冷蔵庫にストックしました。そのストックも残りわずかになって、使用期限も切れてしまいました。まあ、冷蔵庫に保管していますので性能に問題はありません。そのフィルムを3巻、パトローネに詰めました。この黄色い箱を見るのももうすぐ終わりです。若い頃、3000円程で買った時の嬉しさを思い出してしまいました。
d0235865_09241682.jpg
オリンパスPEN EP-3に14ミリです。新世界にて。

[PR]
 私のメインフィルムはトライXなのですが、このトライXも改良が加えられ、現像データも随分変わって来ています。昔はD76を1:1、20℃、7~8分をお題目のように唱えていましたが、それが現在では9~10分に変わっています。TMAXも同じく、TMAXデベロッパーでの現像時間も変化しています。最近は色んな現像液を使うことが多いので、きっちりデータを確認し、結果についてのメモも残すようにしています。
 色んなフィルムを使って、様々な現像液を試してみるのも楽しいものです。そんなに大きな変化はないものの、そんなネガをルーペで見るのもまた楽しいものです。そうは言ってもテッパンの組み合わせはトライXとHC110の組み合わせです。このHC110のストックも残り少なくなったので、どこかで手に入れないといけません。
d0235865_23235757.jpg
オリンパスPEN EP-3に14ミリです。街角で。

[PR]
 製造が終わった国産最後のモノクロフィルムの富士のアクロスですが、ここ大阪ではどうやら現在購入可能な販売店は梅田のヨドバシカメラのみとの噂があります。私自身が確認したわけではありませんが、仲間の話を総合すると、どうやら本当のようです。富士のアナウンスでは10月が最終出荷ということですが、購入希望者が殺到すれば、もっと早く終了するのではないでしょうか。どうしても欲しい方は予約を入れておいたほうが良いかもです。
 私は一応100本ほどストックしています。100本といっても10日ほどの旅行にでも行けばパット使ってしまう数ですけれどもね(^^♪。我が日本はカメラ大国ではありますが、銀塩写真につては小国になってしまいました😿。
d0235865_23085136.jpg
オリンパスPEN EP-3に14ミリです。不気味。

[PR]
 我が家の冷蔵庫には私がフィルムをストックしている場所があり、現在は満杯状態です。きっちりと数えてはいませんが35と120でおそらく数百本になると思います。チェックしてみると使用期限が少し過ぎた物もあり、それから使うつもりです。少しでも安価なフィルムを見つけてはストックしていて、こうなってしまいました。そんなに消費出来るのかということになりますが、一応夏に旅行を計画していますので、順調に撮影出来れば冷蔵庫の中も少しはすっきりするはずです。10日間の予定ですので35と120それぞれ100本ずつ持って行きます。
 今回はちょっと頑張って撮るつもりですので、持って行くフィルムの完食ならぬ完撮と行きたいと思います。そうすれば、旅の後も長く楽しめますからね。
d0235865_23030738.jpg
オリンパスPEN EP-3です。街角で。

[PR]
 その製造終了がニュースにもなった富士のモノクロフィルムアクロスなのですが、銀塩モノクロ派の皆さんがこぞってストックに奔走されたようで、何処に行っても現物はほぼ店頭にはありません。そこで取り寄せとなるのですが、どうやら店によって状況が異なるようなのです。ある店に問い合わせてみると「メーカー製造終了品の為、注文はお受けできません。」と言う所と、「少し時間がかかるとは思いますが、注文を受けます。」と言う所もあります。何故こういう状況になるのかよくわかりません。
 ところで、私の勝手な想像なのですが、富士のほうで全部の注文を一気に全てを受けるということはせず、出荷を制限しているのではないでしょうか。一応、最終出荷を10月にしているので、もうありませんとは言えませんものね。どうしてもアクロスが欲しい方は時々お店に問い合わせれば良いのかもです。
d0235865_23273366.jpg
iPHONE7です。台北にて。

[PR]
 生産が終了するアクロスのストックをしようかなと考えています。120を数としては100~200本くらいを考えています。もう100本注文したという仲間もおられます。
 ストックしようと思う理由としてはなんと言っても他メーカーに比べると価格が安いということ、そしてISO100のフィルムとしてはとても良いフィルムだからです。冷凍庫を持っていてお金に余裕があれば500本でもストックしたいのですが、それは無理というものです。冷凍庫で冷凍してもフィルム劣化の速度は落とせますが、完全には保存出来ません。自宅の冷蔵庫にはそれなりのストックもしていますし、まあ100本くらいならと考えています。難しい時代になりました・・・。
d0235865_23072085.jpg
Iphpne6です。空は好きで結構撮ります。

[PR]
 富士のアクロス終了の噂ですが、エイプリルフールではなく、やはり本当のようです。ネット上では富士が各卸業者に告知した文章がアップされていたりします。やはり10月には販売終了となるようです。
 極めて残念、失望しています。需要の激減ということなのでしょう。こうなると私としては選択肢はコダックとイルフォードということになります。まあトライXをメインに使ってきた私ですが、トライXの長巻が使えなくなりましたので、35についてはストックが無くなれば自然とデルタ400もしくはHP5ということになりそうです。
 これで銀塩モノクロームの基本的材料は国産では無くなるということになります。10月になったらアクロスをストックしようと思っています・・・😿
d0235865_07513155.jpg
Iphone6です。富士のカラーフィルムはまだ大丈夫ですよ。写ルンですが売れてるみたいですから。

[PR]