カテゴリ:引き伸ばし機( 31 )

 心斎橋の富士コミュニティギャラリーでのグループ「GIN」の写真展で展示させてもらっている私の作品「閑日」について、御来廊いただいた方からちょくちょく質問をいただいています。それはプリントの色調がちょっと変わっているというか、紫がかっているように見えることに対してです。この作品についてはコダックのラピッドセレニウムトナーを使って調色しています。本来はプリントの保護や黒を締めるために使うのですが、今回はそれをかなり強くして、色調に変化を持たせました。これにより作品全体に趣きが出たように思っています。アンセル・アダムスのオリジナルも同じように調色されているのですが、少し紫がかって見えるくらいに強くかかっているものが結構あります。
 今回の展示は全作品がゼラチンシルバープリントなので、こんな手法もあるということで使ってみました。普段は調子を合わせるのがとても難しいので、数点の展示以外ではあまり使いません。
d0235865_08053477.jpg
Iphone7です。台北にて。
 

[PR]
 さて今年も間もなく桜です。毎年のように撮っているわけですが、今年もいつもの場所へ撮りに行くつもりです。ひとつはご近所の桜の名所と言われているお寺です。もう一つは南海電車の沿線沿いの桜です。いずれも毎年見事なな桜を見ることが出来ます。この2年ほどは雨が降ったりして、美しく散った花びらを撮ることが出来ました。
 今年は色々試してみようと思っています。カメラも35と67を考えています。そして天候を選ばず、気にせず撮ってみようと思っています。
 ところで、後何回桜を見る事が出来るでしょうかね~😊
d0235865_23022059.jpg
EOS1-Vに24ミリです。カンボジア、生きた豚をバイクで運ぶ人。

[PR]
 引き伸ばし機のメンテナンスをしました。まあメンテナンスと言っても清掃と注油なんですけどね。現在使用中の引き伸ばし機はまずダーストのM805BW、これは集散光式ですのでコンデンサーを綺麗にすることが大切です。ダストスプレーで埃を取り、レンズクリーナーで清掃です。次に各部分の埃を取り清掃、昇降に使われている支柱後部のバネをオイルで拭いてやり、ピント調節部への注油です。もう一台はオメガD5スーパークロメガダイクロイックⅡです。これは散光式ですので、各部の埃をダストスプレーで取り清掃、支柱の昇降部のラックとバネをオイルで拭き、ピント調整部分への注油です。オイルについては精密機械用のオイルを使うことが大切です。品質が悪いと埃を吸ってベタ付いたりします。そして普段は大きなビニール袋を被せて全体を包み込むようにしています。
 ちょっとした気使いで快適に使用できます。
d0235865_01071923.jpg
EOS1-Vに24ミリです。静か遺跡は雰囲いいですよ。


[PR]
 いつものように引き伸ばしをしていた時です。ネガキャリアーをセットしピントを合わせようとタイマーのボタンを押したのですが点灯せず、瞬間、故障かとあわてました。落ち着いて、ひょっとしたらランプが切れたのかもと思い、新しいランプと交換しました。無事点灯しホッとしたのですが、引き伸ばし機はオメガの散光式なので、ランプは250Wのハロゲンランプです。ふつうの引き伸ばし電球はそれなりの使用期間で切れるのですが、実はハロゲンランプが切れたのは初めてです。劣化で光量が落ちはしますが、切れたのにはちょっと驚きました。今までは、光量が落ちたなと感じた時に交換していました。
 ハロゲンランプはそれなりに高価なものなので、出来るだけ長く使いたいんですけどね。
d0235865_23502708.jpg
EOS1-Vに24ミリです。アンコール遺跡にて。

[PR]
 特に何かを買う気がなくても時々オークションサイトを見ています。暗室関係だけでも様々な商品が出品されています。銀塩ウエットプロセスに興味のある方にとっては必要な機材を安価に手入れることが出来ます。私もいくつか購入させていただきました。
 最近サイトを見ていると、引き伸ばし機の出品が以前より多いような気がします。ラッキーや富士の状態の良さそうな個体が格安で出品されていますし、フォコマートもⅠCを中心に出ています。ただし、再後期のⅠCカラーやⅡCカラーはほとんど見かけません。それとダーストやオメガ、ベセラー、ゾーンⅥ等の高級引き伸ばし機もほとんど見ません。おそらく今もファインプリントに使われているのでしょうね。
 私も夢のような引き伸ばし機が出品されたらポチッとしますよ~😊
d0235865_08073026.jpg
ハッセルブラッド503CXiに50ミリです。春。


[PR]
 1958年のカメラ毎日12月号に掲載されていた広告です。カメラのコニカⅢAは知ってますし、触ったこともあります。しっかりとしたカメラという印象でした。さて、知らなかったのは引き伸ばし機です。さくらエンラージャー35、コニカの引き伸ばし機は全く知りませんでした。コニカの引き伸ばし機と言えば、輸入代理店としてオメガを扱っていたのは有名です。現在私が使っているオメガもコニカが販売した物のはずです。
 当時の光学メーカーや写真材料メーカーは引き伸ばし機まで製造販売していたところが多いですね。ピジョン、ハンザ、NPS、テリヤ、みのり、全部引き伸ばし機を製造販売していたようです。これらの名を知っているという方はそれなりの年齢の方々ですよね。
d0235865_22552588.jpg

[PR]
 1955年のカメラ毎日6月号に掲載されていた広告です。こんなの見たことないですね。パロマと聞けばガス器具ですものね。いろいろとあったんですね~。ボルタ判は知ってますよ。使ったことはないですが、たしか35と同じ幅のフィルムでパーフォレーションが無く、120のような裏紙がついたフィルムで、24×24の正方形のフォーマットだったと思います。ガスライト紙も名前は知ってましたが見たことはありません。それとコニカの引き伸ばしレンズにコニターというレンズがあったんですね。これも知りませんでした。コニカと言えばヘキサーとヘキサノンですもの。
 この会社、もう現存しないのでしょうか。大阪の堂島にも支店があったようですが。
しかし、古い雑誌は楽しいです。
d0235865_23202674.jpg

[PR]
 年末恒例の大掃除でもないのですが、昨日は引き伸ばし機のメンテナンスを兼ねて清掃しました。まずダーストですが、全体をエアーダースターで埃を落とします。次に集散光式ですのでコンデンサーを取り外してエアーダスターで誇りを落とし、レンズクリーナーで清掃。ランプも拭いてやります。そして支柱背面のバネに潤滑剤を薄く塗ってやります。それからネガキャリアーの挿入口も清掃し、キャリアーを滑り込ませる部分にも潤滑剤を薄く塗って完了です。
 オメガは散光式ですので、全体とヘッド内部をエアーダスターで埃を落とします。そして同じく支柱背面のバネを清掃を兼ねて潤滑剤を塗布します。ネガキャリアー挿入部分も同じくです。それから、結構ごついギアや可動部分にシリコン系のグリスを縫って完了です。
 年明けの5日にはプリント制作の予定です。
d0235865_8195585.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 金村修氏を紹介する映像を見ました。アパートの一室を借りて暗室にされているのですが、設置されている引き伸ばし機にラッキーの90MSがありました。他に富士のB型もあったように思います。90MSは森山大道氏も使っておられたことで有名です。
 私も初めて買った引き伸ばし機はラッキー90Mでした。まだ90MDが発売されていなかったので90MにSが付いていませんでした。とても誠実に造られた良い引き伸ばし機だったと思います。今でも多くが現役で活躍しているのではないでしょうか。
 そのラッキーも今はケンコーに吸収され、引き伸ばし機の製造販売も終了してしまいました。ある時期、銀塩モノクロームの文化を支えたと言っても良いと思います。
 今や、国産の引き伸ばし機メーカーはLPLのみになってしまいました。おそらく、厳しい未来が待っていることと思います。私も、使っている引き伸ばし機を大切に使い続けたいと思っています。
d0235865_0564382.jpg

ニューマミヤ6に75ミリです。ニューカレドニア、ヌメアにて。
[PR]
  新しい引き伸ばし機がやってきました。オメガです。時計じゃないですよ。アメリカのサイモンオメガ 社の引き伸ばし機で、オメガD5-XLスーパークロメガDダイクロイックⅡです。散光式で35から4×5まで伸ばせます。
 どこかのラボかプロが使っていた物だと思います。丸一日かけてメンテナンスしました。さすがはオメガの最高峰、バッチリ復活しました。しかし、アメリカンな構造と作りに驚かされます。洗練されたデザインと機構のイタリアのダーストとは大違いです。
 ちょっと大き過ぎる感はありますがブローニーなら余裕です。来週からテストに入ります。
 昔、欲しい物リストを作ったことがあります。カメラはニコンFにハッセル。 引き伸ばし機はオメガにダーストでした。当時、ニコンFはいつかは手にいれたいと思っていましたが、他は夢のまた夢、ハッセルなんて一生触ることも出来ないだろうと思っていました。ですから引き伸ばし機なんてカタログを見てるだけ~状態です。特にオメガ一式はハッセルとレンズ3本より高価でした。
 そのオメガがついにやってきたわけですから、増々、銀塩モノクロの世界に沈み込みそうです。プリントが楽しみです。
 ところで4×5が伸ばせるというところに、少し危険を感じています。
d0235865_004763.jpg

iPhoneで撮影しました。富士の引き伸ばし機は、全てが壊れたときに備えて分解して保管です。
[PR]