ニッコールクラブ 2018年11月7日

 私はもう長い間ニッコールクラブの会員です。いろんな写真・カメラクラブは多くありますが、ニッコールクラブは最も歴史のあるクラブの一つです。その会報が送付されてきました。今回の特集は予想通りフルサイズミラーレスカメラのZシリーズの紹介です。私がその特集で興味を持ったのは新しいニッコールZレンズであり、中でも「S-Line」と命名された新レンズです。今回カメラと共に発表された50ミリf1.8や35ミリf1.8は今までのFマウントレンズに比べると大きく高価です。使われているレンズの種類やその枚数はその高性能を想像させます。新マウントの威力をまざまざと見せられたように感じました。このようなレンズはFマウントでは無理なのでしょうか。私としては、そんな高性能なFマウントの28ミリを出してもらいたいとお願いしたいですね。
d0235865_23233705.jpg
コニカヘキサーです。街角で(クロスプロセス)。

[PR]
by jackal-t1y4 | 2018-11-07 00:07 | 写真 | Comments(2)
Commented by keizo-f at 2018-11-07 14:00
これは秀逸なスナップですね。
28mm f1.4Eはすごい描写です。
ただし高いのと重いので。笑
Commented by jackal-t1y4 at 2018-11-08 07:36
> keizo-fさん
そうですよね。特にお高いのが最大の問題です(^^♪。