人気ブログランキング |

LED電球でプリント 2018年7月6日

 引き伸ばし機の光源をオパール電球からLED電球に交換してプリントしてみました。引き伸ばし機は集散光式のラッキー450M-D、レンズはシュナイダーのコンポノン135ミリF5.6、印画紙はサイバーグラフィックスのニューシーガルです。これは多諧調バライタ印画紙です。LED電球はパナソニックの100Wの昼光色です。
 まず、さすがに光源ムラは全くありません。とても高性能です。印画紙の感光波長と合っているのだと思いますが、露光時間はとても短いです。ゾーンⅥやアリストのコールドライトのようなイメージです。感度の高い印画紙よりは低い印画紙のほうが使い易いかもしれません。肝心の描写ですが、かなりシャープな印象です。それでいてシャドーが潰れずに粘ってくれる感じです。多諧調フィルターをテストしてみましたが、とりあえずY10でテストを続けてみます。
 なかなか期待が持てます。イメージ通りならダーストのM805BWの光源もLEDにするかもしれません。
d0235865_17274510.jpg
オリンパスPEN EP-3に14ミリです。曇天。



by jackal-t1y4 | 2018-07-06 00:07 | 引き伸ばし機 | Comments(0)