フォトキナ 2018年3月16日

 横浜で開催されていたCP+も盛況の内に閉幕しました。このような映像関係の大見本市と言えば、何といってもドイツのフォトキナです。2年に一度開催されていて、カメラメーカーの多くがフォトキナに合わせて新製品の発表等を行ってきたものです。そのフォトキナは今年の9月に開催されますが、来年からは毎年5月に開催されるようになったとの事です。それだけ写真文化が拡大しているということで、とても嬉しいことだと思います。日本でも東京と大阪で開催されていたカメラショーや写真用品ショーの復活はないんでしょうか。昔は春のお祭りのような感じで皆が楽しみにしていたものなんですけどね😊。
d0235865_08544791.jpg
EOS1-Vに24ミリです。カンボジア、シュムリアップにて。

[PR]
by jackal-t1y4 | 2018-03-16 08:56 | その他 | Comments(0)