二科展 2017年11月12日

 昨日、二科展を観てきました。写真部の作品展もなかなかの盛況でした。モチーフ、構図、シャッターチャンスといったオーソドックスな写真の価値観による作品群で、私は少し違う価値観を持っていますが、素晴らしいものでした。その中で、蜂須賀秀紀氏の名前を見つけました。蜂須賀氏はかって写真雑誌の月例コンテストの年度賞を個性的な動物写真で席巻され、その後プロに転向されました。今回は象が水浴びをする作品で、当時を思い出しました。それから何と言っても青木君夫先生です。もう100歳に近いご年齢のはずですが、今年もモノクローム作品を出品されていました。カメラを持ち、シャッターを切る、そんな喜びに満ち溢れているように感じました。また来年もお元気で作品を観せていただきたいと思います。
 二科展は今日が最終日です。お時間のある方は是非ご覧になってください。写真に対する考え方の一つの最高峰なのかもしれません。
d0235865_09075846.jpg
ソニーRX1です。店先で。


[PR]
by jackal-t1y4 | 2017-11-12 09:08 | 写真展 | Comments(0)