デジタルの描写に感心 2017年11月3日

 南船場のギャラリー・アビィで開催されている生熊章浩氏の個展「都市図形」ですが、改めてデジタルの描写の凄さに感心しました。都市の建築物の一部を切り取った作品なのですが、展示作品はB0(ゼロ)の大きさにプリントされています。その大画面にも関わらずビクともしない描写は見事です。デジタルならではの作品になっています。
 フィルム派の皆さんははもちろんデジタル派の皆さんも改めてご覧になってほしいと思います。写真の新しい面を見たように感じました。
d0235865_23261330.jpg
ソニーRX1です。街角で。


[PR]
by jackal-t1y4 | 2017-11-03 00:15 | デジタル | Comments(0)