人気ブログランキング | 話題のタグを見る
 4月25日からのニコンプラザ大阪のTHE GALLERYでの私の個展「Monochrome Scene」開催まで後10日となりました。今日からオーバーマット作業をする予定です。これで準備完了となります。後はスーツケースに入れて搬入すれば、展示作業は専門の方々にお任せするだけとなります。
 35ミリフィルムと印画紙での個展は今回で最後になるかも知れません。おそらく次があるとすれば、デジタルカメラとインクジェットプリンターを使用しての作品になるように思います。もちろんフィルムで撮ることを止めることはありませんが、益々高額になるであろうフィルムを以前の様にガンガン使うのは難しいと思うのです。それでデジタルも併用していこうと思っています。中判については、今まで通りフィルムを使うつもりです。
 会期は5月9日(木)までですが、ゴールデンウイークになりますので5月3日~6日は休館です。よろしくお願いします。
個展まで、後10日 2024年4月15日_d0235865_10221768.jpg
 

 昨日からTVにかぶりついてゴルフのマスターズ・トーナメントを見ています。世界のトッププレイヤーしか出場できないマスターズ、その選手たちの凄いプレーは圧巻です。下手な横好きの私ですが、トッププレイヤー達の華麗なスゥイングには憧れを感じます。私のはゴルフでは無い❕と思いますね~😊。あえて言えば、ただのボール叩きにしかすぎませんね😊。
 ふと写真のことを思うとドキッとしました。写真も同じで、世界の素晴らしい写真を撮っている先人に比べれば、私などはただただシャッターを切っているだけで、無駄なフィルムや印画紙を積み上げているだけなのかもと思えてなりません。何が違うのかな~❓と考えてしまいますが、ずばり「感性」なんでしょうね。感じ方、感じる力、見る力、思いを理解できる力、そしてイメージを膨らませる能力等々、全てが足りないんでしょうね~🤔。
 これだけは❕と思える写真を一枚でいいので撮りたいものです。
マスターズ 2024年4月13日_d0235865_09232428.jpg
ニコンD850に24ミリ~120ミリです。街角で。

 スナップに適したフィルムカメラと言うと、まずライカを代表とするレンジファインダー機ですね。正確な構図ということでは、なかなか難しいのですが、フレームの外も見えるということと素早いピント合わせ、タイムラグが小さいという点も利点です。それとシャッター音が比較的静かと言う点もあげられます。それらの利点により、多くのスナップ写真家がライカを使っています。
 それに対して一眼レフは厳密な構図が要求される風景写真家を主にして使われてきました。なんと言っても写る画像をそのまま見ることが出来て、超広角から超望遠まで自由にレンズを使えるのが最大の利点です。
 デジタル時代になってこの辺りがあいまいになってきたように思います。レンジファインダー機の特徴の多くをミラーレス一眼は取り込んでいるように思います。素早いAE・AFや高速連写、高感度特性はスナップには大きな武器です。
 現在のスナップ撮影の最大の問題はカメラより、環境です。街角で人物が写った写真が、とても撮りにくくなりました。私は街角でスナップも撮りますが、最近は大きなカメラを持って撮っています。ペンタックス67やマミヤ7、それにローライフレックスです。もちろん様々な配慮は必要ですが、堂々と撮るというスタイルの方が良いだろうと考えるのですがどうでしょう。
スナップに適したカメラ 2024年4月12日_d0235865_08352364.jpg
ニコンD850に24ミリ~120ミリです。街角で。
 

 このところ、積極的にデジタルカメラを使っています。そこで感じたことなのですが、写真を撮るという事に関しては何の問題もありません。AE・AFは正確で高速です。連写速度は必要十分。高感度特性も驚くほどです。撮れた画像は高精細で、とにかく良く写っています。ただし、ダイナミックレンジだけは不満です。私は逆光大好き人間で平気で太陽にレンズを向けますし、強烈なコントラストのある風景も大好きです。このような場合はどうしてもダイナミックレンジが足りません。フィルムでは全く飛んでしまったり、べったりと潰れているということは無く、なんらかのトーンが残っているものです。プリントは難しいものになりますが、苦労しがいのあるネガとして成立します。でも、私の様にJPEGでしか撮らない者にとってはもっと広いダイナミックレンジを求めます。おそらくメーカー各社はそのことについては十分理解していて、努力しているようには感じています。おそらくこの辺りがデジタルの最大の課題の一つなのだと想像できますね。
ダイナミックレンジ 2024年4月11日_d0235865_08241046.jpg
ニコンD850に24ミリ~120ミリです。街角で。

 このところ桜を撮り続けているわけですが、先日近所の桜の名所に行ってみると、なんと桜が無いのです!。驚いて辺りを見渡すと桜の木が伐採されていて、切り株にブルーシートが被せてありました。なんで❓と思い色々と聞いてみると、どうやら害虫にやられたらしいのです。その原因となっているのが「クビアカツヤカミキリムシ」という中国、朝鮮半島、ロシア辺りに生息している外来種らしいのです。この虫にやられると2~3年で桜の木が枯れてしまう恐ろしい虫らしく、近畿地方では2015年あたりから、その被害が広がっているらしいのです。有効な駆除方法が無く、その対策が急がれているとの事です。
 NHKのニュースでも取り上げられたそうで、近畿地方では特に全国有数の桜の名所、奈良県の吉野山では警戒を強めているそうです。早急に有効な駆除剤を開発していただきたいものです。
桜に異変 2024年4月10日_d0235865_08311083.jpg
ニコンD850に24ミリ~120ミリです。街角で。