ライカと言えばM型ライカを思うのは当たり前です。私も巷の噂に惑わされ、MPを持ってます。でも、レンズはズミクロン35ミリ1本で行こうと決めています。
 ところがです、実はライカの一眼レフのR型にぞっこんでR4とR6を持ってます。レンズも数本持っていて、とても気にいってます。レンズの味なんてのはサッパリわかりませんが、R用のレンズはとても良く写ります。あちこちの中古カメラ店を覗いては、実はR用のレンズを捜してます。R型は人気が無いのか、時々驚くような安さで良いレンズが売られていることがあります。そんな時は嬉しくてヤッターと心の中で叫びつつ、いかに値切るかを考えている私です。
d0235865_135899.jpg

キャノンIXY920ISです。ミノルタがベースになっていますが、間違いなくライカの遺伝子を持ってます。
[PR]
 昨日は東北大震災から1年、あの日を思い出します。
私も、クリスタ長堀で震災発生時間に黙とうさせていただきました。
大阪にいる私は大した支援をすることも出来ず、いろいろ発言することも出来ません。
無力を思い知らされた1年でした。
亡くなられた方の御冥福を心よりお祈りします、とともに多くの被災者の皆さまにお見舞い申し上げます。
d0235865_063912.jpg

AQUOS携帯です。今年も近所の梅が咲きました。
[PR]
 二眼のローライフレックスも大好きなカメラのひとつですが、私は2.8Fよよりも3.5Fのほうが好きです。
なによりも2.8Fのシャッターよりも3.5Fのほうが軽いので、低速でもブレません。そして3.5Fのほうが軽くて軽快です。
 旅行のお伴は必ず3.5Fです。じゃあ、なぜ2.8Fも持ってるのかと言いますと、レンズが80ミリだから、ではなく、単に物欲のなせる業です。75ミリと80ミリの違いを言う人がいますが、5ミリの違いなんて私は無いに等しいと思っています。
 プラナーとクセノタールも見わけがつきませんね。私はネームバリューでツァイスのプラナーです。
d0235865_049485.jpg

キャノンIXY920ISです。これで撮影してると、よく声をかけられます。
[PR]
 あいかわらず雨の日は写真集を見て過ごすことが多い私です。
ラルフ・ギブソン、ご存知でしょ。まさにアメリカの写真家という感じです。彼の作品を一言で言うと、光と影をビシッとしたフレーミングと強いタッチで表現したシュールな写真と言うところでしょうか。
 この写真集は年代順に彼の作品が収録されていてお薦めの一冊です。
d0235865_1312952.jpg

AQUOS携帯です。この分厚い写真集は見ごたえがあります。
[PR]
# by jackal-t1y4 | 2012-03-10 01:32 | 写真 | Comments(0)
 さて、良いプリントとはどんなものでしょう。コントラストがあって白から黒への豊かな諧調がある、そんなプリントが良いプリントなのでしょうか。
 良いプリントとは良い写真をささえるものです。良い写真でなければ良い、美しいプリントがあっても何の意味もありません。鶏と卵みたいな話になりがちなプリントの話なんですが、とにかく、まず写真なのです。
 モノクロにのめり込んでいる人は、プリントこそ命と言った具合になってますが、「良いプリントですね」では無く、「良い写真ですね」こそ、目指すべきなのです。
d0235865_2115675.jpg

AQUOS携帯です。自宅ベランダの一隅です。
[PR]