写真は選択の芸術であるとよく言われます。芸術かどうかは別にして、確かに選択の繰り返しであることは事実です。フォーマットを選び、カメラを決定、次にレンズ、そしてフィルムを選択します。
 撮影に関しては、まず絞りにシャッタースピード。そしてフレーミングにシャッターチャンス。とにかく選択に選択を繰り返し、やっとネガが出来上がります。
 そして最大の選択はどのコマをプリントするかの選択です。この選択がしっかり出来るかどうかが自分の実力です。他人にこの選択をまかせると、その人の作品になってしまうことさえあります。量をバックとした質を選択する眼を持てるかどうかです。
 何本撮っても選択出来ないのであれば撮ったことにはなりません。ひょっとしたら撮影より難しいのが選択という行為かもしれません。
d0235865_0305768.jpg

キャノンA-1にNFD35ミリF2.8です。犬ばかり撮ってた時期がありました。
[PR]
# by jackal-t1y4 | 2011-09-20 00:35 | 写真 | Comments(0)
 街で人物を撮影することがとても難しくなりました。声をかけて撮らせてもらえば良いんでしょうが、ちょっと違うなという感じです。
 ブレッソンやドアノー、木村伊兵衛が撮影したような、市井の人々の生き生きとした表情は、もう写真で見ることは難しくなったのかもしれません。
 街角でカメラを持ってうろついている人も、気のせいか減ったような気がします。
d0235865_2345547.jpg

ペンタックス6×7に45ミリF4.0です。トルコ、イスタンブールの街です。
 
[PR]
# by jackal-t1y4 | 2011-09-18 00:04 | 写真 | Comments(0)
 私の写真は基本的には旅と日常の間を行ったり来たりして撮られたものです。
最近、ネガを見直していて気付いたのですが、ときどき、撮ったことさえ記憶にないコマに妙に心に引っかかるものがあるんです。
 そんなネガを何度も見ていて思ったのですが、ひょっとすると、まさに旅と日常の間そのものが写ってるんじゃないかなとか、何かもやもやしたものを感じるんです。もう少し整理してみたいと考えています。
 ちょっと大袈裟かな。どこかのTVCMのフレーズみたい。笑...
d0235865_7305072.jpg

ペンタックス6×7に45ミリF4.0です。エジプト、カイロ市内のモスクです。
[PR]
# by jackal-t1y4 | 2011-09-17 07:35 | 写真 | Comments(0)
 カメラを持って撮影に出るということは、被写体をさがして歩いているみたいなところがあります。基本的に写真は被写体が無ければ成立しません。だから歩くんですよね。
 ちょっとくらい疲れていても、あの向こうに何かあるかもしれないと思い歩くんです。たいていは何も無いんですが、時おり、この日この時この場所で無ければ、おそらく一生出会うことは無かったであろう光景に出合うことがあります。感激、まさに一期一会、それを願い写真する人は歩き続けるんですよね。
 家でゴロゴロしてたらアカン、と自分に叱咤激励の日々です。
d0235865_2351320.jpg

ローライフレックス3.5Fです。ニューカレドニア、夕日に染まる渚です。
[PR]
# by jackal-t1y4 | 2011-09-16 00:00 | 写真 | Comments(0)
 夏と冬、どちらが好きですか。私は夏。
 海と山、どちらが好きですか。私は海。
 そして、空が大好きです。
d0235865_23322095.jpg

ローライフレックス3.5Fです。ニューカレドニアでの一枚です。
[PR]
# by jackal-t1y4 | 2011-09-15 01:00 | 写真 | Comments(0)