デジタルカメラの世界ではミラーレスがそのシェアを拡大しています。ミラーレスが光学式一眼レフに取って代わることが出来るのでしょうか。要するに報道カメラマンや各ジャンルのトッププロが使うようになるかということです。
 私はまだまだだと思っています。もちろん、私のような者にとっては充分過ぎる性能ではあります。ただ、私が不満に思っているのは、あのファインダーです。あのTV画面を覗いているような感覚のファインダーはどうしても好きになれません。ポジフィルムをルーペで覗いているくらいのクオリティーがほしいところです。それから、ごくわずかなのでしょうがタイムラグです。これらが解決して初めてミラーレスが光学式一眼レフに追いつけるのではないでしょうか。


d0235865_00301410.jpg
ミノルタTC-1です。雨日。

[PR]
 明日15日から大阪港天保山のギャラリーグルッグで、「こうだやすし 中野利彦 写真展 25.7㎞~軌道~」が開催されます。こうだ氏の作品は初めて観せていただきます。中野氏はおやじの会、光銀クラブの仲間です。今回はお二人ともカラーでの作品展示となります。展示作品を楽しみにしています。
 また、写真と落語で語る、~生駒×天保山~ということで15日には落語家の桂 福丸さんの落語二席と交流会が開催されるそうです。お時間がありましたら是非足をお運びください。

d0235865_23291775.jpg


[PR]
 ギャラリー等で展示されている作品について使用されているカメラお聞きしてみると、そのほとんどがデジタルカメラです。ただちょっと変わって来たなと思うのはJPEGで撮られた作品が多いということです。数年前まではベテランの方々のほとんどがLOWで撮影し、フォトショップ等のソフトでレタッチされたもにでした。
 各メーカーの努力でJPEGがとても優秀になり、LOWでなければならないというのは一昔前のことになったようです。おそらく近い将来、LOWは特殊なものになるかもしれませんね。
 JPEGは各メーカーの個性だと思うのですが、技術の進歩によりますます多様な描写が可能になるのでしょうね。
d0235865_08585668.jpg
キヤノンT90に28ミリです。街角で。

[PR]
 グループ「GIN」の写真展の打ち合わせで新しい富士のサービスステーションに行きました。打ち合わせ後、話題の富士の中判ミラーレスGFX50Sを触らせていただきました。持った感じは硬質感があり、作り込みの良さを感じました。シャッターもミラーが無いので、とても静かです。描写については判断できませんが、おそらく素晴らしいのでしょうね。
 レンズはボディーに比べて大柄に感じました。重量もそこそこあります。性能重視で設計されたことがうかがえます。
 お聞きすると予想を上回る売れ行きだそうです。富士のデジタルカメラ事業は好調のようですね。
d0235865_01153033.jpg
マミヤRZ67に65ミリです。桜花。

[PR]
 今年は桜が満開になったとたんに天候はイマイチで曇天続きです。いっそのことおもいっきり雨でも降ってくれれば良いのにと思います。どうも中途半端ですね~。
 下の写真は一昨年の撮影です。場所は南海高野線の狭山駅周辺です。この場所は地元の方々の間では有名な桜の名所として知られています。いわゆる鉄ちゃんもよく撮影にこられます。
 私も毎年ここで桜の撮影をしています。他にも撮影場所があるのですが、ここは普通の街に咲いている桜で、とても親しみが持てます。
 今日も天候は良くないとの予報です。おそらく明日が最後の撮影チャンスかもしれませんので、どんな天候でも出かけようと思っています。
d0235865_00110546.jpg
マミヤRZ67に65ミリです。南海高野線狭山駅周辺にて。

[PR]