南船場のギャラリー・アビィでは明日22日より仲間の野中ひとみ氏の写真展「サイコロキャラメル」が開催されます。野中氏もおやじの会のメンバーなのですが、フィルムを使って彼女独自の世界を表現されています。カメラもロモ等のトイカメラを積極的に使っておられます。
 今回でたしか3度目の個展になるかと思いますが、常に不思議な世界を見せてくれる彼女の作品群がすごく楽しみです。是非、足をお運び下さい。
d0235865_23344139.jpg

[PR]
 本日より南船場の壹燈舎で仲間の中野利彦氏と私の二人展「Vietnam道中膝栗毛」展を開催させていただきます。私は銀塩モノクロームで風景をメインにした作品です。中野氏はデジタルモノクロームでの作品で、人物を主体としたスナップとなっています。
 ほとんど一緒に行動していたのですが、撮った写真は全くの別物となりました。これが写真の面白いところですよね。
 私はフィルムと印画紙でのモノクローム、中野氏はインクジェットプリンターでのモノクロームなのですが、印画紙とインクジェットプリンター出力の違いも、とても興味深いものとなっています。
 是非ギャラリーに足をお運び下さい。写真作品をご覧になっていただくと同時にアナログとデジタルといった方向からもご覧になっていただきたいと思います。
d0235865_23454982.jpg

[PR]
 昨日は帝塚山のライムライトで開催されている有元伸也氏の写真展を観てきました。有元氏は昨年林忠彦賞を受賞され、今最も注目されている写真家の一人です。昨日は写真展初日であり在廊されていましたので、テーマや撮影について、フィルム現像やプリント制作について質問させていただいたのですが、よどみなく答えていただき、とても参考になりました。
 展示作品にはフレームにアクリルが装着されていません。生のオリジナルのプリントを間近で観る事が出来る数少ないチャンスです。モノクロームプリントに興味のある方は是非ご覧になっていただきたと思います。
d0235865_08143875.jpg
ソニーRX1です。ホイアンにて。



[PR]
 しばらくパナソニックの噂はあまり聞かなかったのですが、海外で発表されていたLUMIX G9 PROの国内発売が決まったようです。マイクロフォーサーズのミラーレスなのですが、注目は8回撮影と合成で約8000万画素のハイレゾ画像が得られることや秒20コマの連写速度等です。お値段は20万円くらいだそうです。
 私の周りでパナソニック愛用者は一人だけで、その方は元ビデオカメラのプロカメラマンとして働いておられたのですが、その時のカメラがパナソニックだったということもあり、デジタルカメラもパナソニック一筋なのだとか。「ちょっと変やな~😊」というところです。しかし、パナソニックもなかなか優秀なのだそうです。
 レンズについてはパナソニックはライカと提携していて、今回もエルマリート200ミリF2.8を42万円で受注生産するらしいです。ソニーはツァイスですがパナソニックももう少しライカを全面に押し出しても良いように思いますけれどもね。
d0235865_23574461.jpg
ソニーRX1です。ホイアンにて。

[PR]
 21日からの「Vetnam道中膝栗毛」の展示予定作品のスポッティングも終わり、明日の搬入を待つばかりとなりました。展示作品は結局16点になりました。壹燈舎の壁面を4面使いますので、壁ごとに雰囲気を変えてみました。楽しかったベトナムのダナン・ホイアンの旅の思い出の展示です。仲間の中野氏との二人展となるのですが、中野氏の作品もとても楽しみにしています。
 海外への旅というのは私にとっては最高の贅沢で、そこで写真を撮れることは更なる贅沢だと思っています。そう簡単に行けるわけはないのですが、またカメラを持って異国の街をブラブラしたいと思っています。
 お時間がありましたら、是非お立ち寄りください。
d0235865_10005339.jpg
ソニーRX1です。ホイアンにて。


[PR]