<   2018年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 明日から2月です。早いですよね~。私の今後の展示予定ですが、4月に心斎橋の富士フィルムサービスステーション内のコミュニティーギャラリーでグループ「GIN」の写真展が予定されています。この写真展はモノクロームのみというものなのですが、プリントは印画紙に限るというちょっと珍しい写真展です。ですから参加メンバーはどうしてもプリントのクォリティーに拘るということになります。そういうこともあり、とても楽しみにしています。
 次に5月には恒例の「おやじの会写真展」が予定されています。この写真展はとにかくFreeを大切にしています。ですから、技法についても現在の主要な手法の全てをご覧いただくことが出来ます。毎回、楽しい写真展になっています。
 詳細は後日お知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。

d0235865_21350030.jpg
Iphone6です。フィッシュスパってご存知ですか。小さな魚が足の古い角質を食べてくれます。ちょっとこそばいのですが、足はツルツルですよね~(笑)。

[PR]
 昨日、ちょっと用事があって難波に出かけたんですが、見かけたのです!フィルム一眼レフを肩から斜め掛けしているカメラ女子を。そのカメラがなんとミノルタSRT101なんです。今から60年くらい前の一眼レフです。レンズまでは分かりませんでしたが、おそらく緑のロッコールのはずです。お祖父さんの愛機だったのかもしれません。  私の初めての一眼レフはニコマートFTnだったのですが、迷ったのがこのSRT101でした。上下二分割測光のTTLが売りでしたね。対するニコマートは中央部重点測光のTTL。どちらも斬新なデザインで迷ったのを覚えています。結局名前でニコンにしましたけどね。
 ミノルタSRT101はミノルタの名機のひとつだと思います。あとミノルタで興味を持ったのはXDにα9、そしてあのX1です。将来ソニーαX1が出ないもんですかね。「α1-X」でも良いかもです(笑)。
d0235865_00355255.jpg
Iphone6です。ひっそりとした遺跡も趣があります。



[PR]
 和泉市の久保惣記念美術館で開催させていただいていた「南大阪の写真家たち」展が昨日無事終了いたしました。毎日多くの皆様に御来廊いただき、ありがとうございました。まだ最終集計は出ていませんが、昨日の最終日にも100人以上の方々に御来廊いただき、おそらく400~500人ほどの皆さんにご覧いただけたものと思います。参加者全員とても喜んでいます。
 初めての美術館での展示ということで少し心配していたのですが、十分成功であったと思っています。普段、写真作品を見ることはほとんど無いという方々にも、とても熱心に見ていただき、また色々なご質問もいただきました。またいつかこのような展示を企画したいと思います。
 本当にありがとうございました。
d0235865_00110983.jpg
Iphone6です。カンボジア、静かな森の中で。


[PR]
 私がいつもチェックさせてもらっているブログの情報によりますと、アメリカの昨年12月の35ミリデジタルカメラの売上でニコンがトップだったとの事です。これは明らかにD850が好調であるということで、アメリカではやはり光学式一眼レフが主流であるということになります。アメリカ市場というのは日本のカメラメーカーにとってはとても重要な市場です。ですからニコンやキヤノンはまだまだ光学式一眼レフは売れるという考えなのだと思います。そして次に来るのがミラーレスということで、両者はミラーレスにも注力するということなのだと思います。特にキヤノンの最近のTVCMはミラーレスのMが目立ちます。ニコンも今年は新しいミラーレスが発表されるともっぱらの噂です。
 今年も面白くなりそうですね。
d0235865_23192572.jpg
Iphone10です。遺跡のチケットです。
d0235865_23212242.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップにて。


[PR]
 NHKのBSで放送していた日本の祝祭を撮るフランス人写真家の放送を観ました。シャルル・フレジェという方なのですが、ヨーロッパではとても有名な写真家だそうです。日本の北から南まで60~70の祝祭を撮り、写真集や写真展を開催されています。番組はその撮影をドキュメントしているわけですが、とても興味深いものでした。普通、祭りを撮るというと、出来るだけ自然なかたちでドキュメントするというイメージですが、この方の撮影は自分のイメージを膨らませてセッティングで撮るという手法です。一見ポートレート撮影のようでした。
カメラはフェーズワン、ストロボとアンブレラでライティングされていました。
 「なまはげ」くらいは知っていましたが、日本にこれだけの奇祭があるとは全く知りませんでした。その意味でもとても興味深い番組でした。興味のある方はオンデマンドで観ることが出来るのではないでしょうか。
d0235865_00514610.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップにて。


[PR]
 印画紙現像液のストックも確認してみました。コダックのデクトール、ポリマックスT、富士はコレクトールE、パピトールC、イルフォードはマルチグレードデベロッパー、それと今は製造していないゲッコールとハイデナールです。
 私はどちらかと言えば冷黒調のプリントが好きです。ですから昔の三菱の印画紙月光をゲッコールで現像するのが大好きでした。月光とゲッコールが生産中止になると聞いてゲッコールを買い溜めしました。それと、ゲッコールに似た現像液のハイデナールを使いだしました。ハイデナールが製造中止になると聞いたときも買い溜めしました。ヨドバシの倉庫にあった半分は私が買いました(笑)。
 富士の印画紙レンブラントをゲッコールやハイデナールで現像するというのが長く続いたのですが、レンブラントが無くなり、現在はイルフォードとニューシーガルを使っています。純黒調の印画紙を冷黒調の現像液で現像するというのが現在の手法です。
d0235865_08305156.jpg
IPhone6です。カンボジア、シュムリアップにて。


[PR]
 薬品類のストックを整理したのですが、案外色んなフィルム現像液をストックしていました。コダックのD76、エクストール、HC110、TMAXデベロッパーRS、富士のミクロファイン、スパープロドール、イルフォードのイルフォテック、ローライのRLC、RLS等です。それぞれ特色があるのですが、現在はその特色をあまり意識していません。というのもそんなに色んなフィルムを使うわけではありませんし、それで良い作品が出来るわけでも無いことを悟りましたので(笑)。
 でも自分の為のみの作品をたまに作ってみようと思いついた時には、フィルムとフィルム現像液の組み合わせに凝ったりして楽しみます。そんな時のプリントには普段は使わないコダックのラピッドセレニウムトナーを使って調色したりもします。もちろん、お見せできるような作品ではありません!(^^)!。
d0235865_00174146.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップにて。



[PR]
 先日、とても寒い日でしたが、ちょっと近所の公園へ散歩がてら行ってきました。もちろん、公園までは車です(笑)。それで、ほんの小一時間歩いたのですが、カメラはペンタックスSPFレンズは28ミリと100ミリを持って行きました。フアィンダーは少し暗いのですが、ピントの山がつかみ易い良いフアィンダーです。シャッターも少し音が大きいのですが、切れの良いシャッターです。古いカメラなのですが、ある意味完成していますね。バッテリーはアダプターを使って電圧を調整しています。これも少し狂っているのですが、ASA感度ダイヤルで補正出来る範囲です。レンズはF値が暗めですが、そのずっしりとした感じは安心感を与えます。
 この辺りのカメラって、本当に丈夫ですね、大切に使ってやればまだまだ現役です。ファインダーを覗いて、ピントを追い込んで行く、撮影の醍醐味ですね~。
d0235865_00042284.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップにて。


[PR]
 現在、カラープリント用のフィルムまだまだ販売されています。でもカラーネガから引き伸ばし機とレンズを使ってカラー用印画紙にプリントする方法はモノクローム同様個人製作以外はほぼ絶滅状態です。富士ではカラーネガをスキャンし、その後印画紙に露光しプリントすることで、銀塩プリントとして制作するシステムを提供していましたが、どうやらそれも終了ということらしいのです。富士フォトサロンでの展示については銀塩プリントに限るとなっていましたが、これもいずれ改定されるものと思います。
 プロラボも数が減っています。デジタルアウトプットについては増加していると思います。データを送信し、プリントや写真集を製作して楽しんでいらっしゃる方も多いですね。
 カラープリントにつてはモノクロ以上にデジタルに押されている状況であるように思います。私の周りで、カラープリントで作品制作されている方もおられます。ますます苦しい状況になるのでしょうか。
d0235865_09580567.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップにて。


[PR]
 2017年のデジタルカメラの国内シェアが発表されたそうです。それによると一眼レフはキヤノンが61.1%でトップ。2位はニコンで34.3%、3位がリコーで4.2%だそうです。要するにキヤノンとニコンで95%以上という圧倒的なシェア持っているわけです。おそらく海外でも80%くらいのシェアを持っていると想像できますね。ミラーレスはオリンパス、キヤノン、ソニーの順だそうです。キヤノンが2位に入っているのはちょっと驚きました。
 一眼レフのキヤノンの強さが目立ちますね。ニコンの奮起をお願いしたいところです。私の世代はやはりニコンが1番ですものね。キヤノンの努力がニコンを抜き去ったわけですから、ニコンももう一度トップに返り咲く努力をお願いしたいものです。
d0235865_23564854.jpg
d0235865_23580196.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップのナイトマーケットにて。

[PR]