<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 南船場のギャラリー・アビィでは明日から仲間の生熊章浩氏の写真展「都市図形」が開催されます。生熊氏はデジタル派で都市の建築物や鉄道等をモチーフに独自の視点からの世界観を表現されています。
 今回の展示作品はモノクロームで都市の建築物の部分をデザイン的に切り取ったもので、その斬新な視線に驚かされます。会期は11月1日から5日までとなっています。あまり目にすることが無い作品群です。どうぞ、ギャラリーに足をお運び下さい。
d0235865_22582190.jpg


[PR]
 南船場の壹燈舎で開催していた光銀クラブ写真展「光銀事変Vol.3」は昨日無事終了いたしました。御来廊いただいた多くの皆様ありがとうございました。
 今回で3度目の作品展になりましたが、年々メンバーの個性が光るようになって来たと思います。モノクローム作品に拘る夫々ですが、テーマもモチーフも個性的であったと思います。来年も開催させていただく予定です。さらに個性溢れる作品群をお見せ出来るよう努力したいと思っています。本当にありがとうございました。
d0235865_08051834.jpg
ソニーRX1です。市場にて。

★ 現在、コメントいただいた方に返信できない状況が続いています。
  不具合が発生しているようです。


[PR]
 南船場の壹燈舎で開催している光銀クラブ写真展「光銀事変Vol.3」もいよいよ最終日となりました。台風の影響で雨が降り来廊者も比較的少ないのですが、そんな中、昨日はミスユニバース日本代表で写真家で大阪芸大の写真学科長の織作峰子さんが御来廊くださいました。織作さんは私のニコンでの個展の際にニコンの広報誌に文章を書いて下さり、展示にも芸大の生徒さんと一緒に来てくださいました。今回もお忙しい中、来てくださりとても感激しています。気さくにお話いただく織作さんのお人柄に仲間も一瞬でファンになってしまったようです。
 記念にツーショット写真をお願いしましたところ、快くOKいただき、仲間に撮っていただきました。感謝、感謝です。
d0235865_10223418.jpg
ソニーRX1です。市場にて。

[PR]
 ニコンD850ですが、売れてるみたいですね。発売前に予約数が供給を上回り、供給不足が告知されましたが、また供給不足がアナウンスされたとの事です。人気があるんですね。100周年に満を持して発売されたわけですが、ニコンファンの心をガッチリと掴んだようです。
 私も何度かD850を触ってみましたが、精悍なデザイン、作り込みの良さ、そしてファインダーをのぞいた時、「やっぱりこれやがな!」と思わせる素晴らしい見えは納得です。このファインダーを覗くと、やはりミラーレスのファインダーはまだまだと思わせます。
d0235865_00264472.jpg
ソニーRX1です。市場にて。


 

[PR]
 南船場の壹燈舎で開催中の光銀クラブ写真展「光銀事変Vol.3」ですが、おかげさまで概ねご好評をいただいているようで、ほっとしています。私自身の作品も色んなご質問もいただいているようで、興味を持っていただき嬉しく思っています。フィルム現像についてのご質問もいただいたのですが、現像液はコダックのHC110を使っています。今は手に入りにくくなりましたが、希釈率を変えることでネガの表情が変わる便利な現像液です。色んなフィルム現像液を使っていますが、好きな現像液のひとつです。
 私のモノクロ写真術には一切の企業秘密はありません(要するにご極普通なので😊)。もし何かご質問があればお尋ねください。在廊しているメンバーに訪ねていただければ後日ご連絡することも出来ますので、ご遠慮なくお申しつけください。
 会期は後三日です。是非、足をお運び下さい。
d0235865_23414417.jpg
ソニーRC1です。市場にて。


[PR]
 ソニーがミラーレスのα7RⅢの発売を発表しました。11月25日の発売との事です。メカシャッターで毎秒10コマの高速連写が可能で4240万画素です。毎秒5コマだった連写速度を一気に倍の10コマまで持ってきました。ソニーの力の入れようと勢いを感じます。お値段は35~6万円ほどになるらしいです。
 あのボディーに新しいシャッターユニットを組み込み、α9に一歩近づくカメラにして来たと言えますね。α7とα9シリーズはソニーの堂々たる顔になりました。さて、東京オリンピックに向けてのソニーの新α7と新α9が楽しみです。
d0235865_23373314.jpg
ソニーRX1です。ベトナム、五行山にて。

[PR]
 11月21日から南船場の壹燈舎で開催を予定しています私と仲間の中野利彦氏との二人展「Vietnam 道中膝栗毛」のDMが完成し、配布を始めさせていただいています。下の写真をご覧ください。楽しそうなカラー写真が並んでいますが、実は展示作品は全てモノクローム作品なのです😊。中野氏はデジタルモノクローム、私は銀塩モノクロームになります。二人ともお互いがどのような作品を展示させていただくのかは知りません。私もセレクトの途中で、どうなるかはわかりません。枚数としては10~12点を考えています。
 楽しかったベトナム旅行なのですが、結構シリアスな作品になるのではと思っています。二人とも出来るだけ在廊廊し、ベトナム旅行の話しをさせていただければと思っています。是非。お越しください。
d0235865_00290270.jpg



[PR]
 今日から南船場の壹燈舎で開催させていただいている光銀クラブ写真展「光銀事変Vol.3」はモノクロームに拘っている仲間たちの写真展です。なぜカラーではなくモノクロなのかということなのですが、モノクロが好きという単純な動機がまずあります。もうちょっと突き詰めていくと出来るだけ余分な情報を排除して、全てをシンプルにするということかもしれません。そういう意味では、事物を抽象化しているということかもしれません。
 カラーが当たり前の時代ではありますが、逆にモノクロは新鮮に見えるようです。昔は写真はモノクロが当たり前、でも今はそれが珍しいとも言えそうです。
 モノクロ写真は余計な物を削ぎ落として、ひとつの物、一つの感情を表現できるとでも言えそうです。いずれにしても、私は当分モノクロームです。
d0235865_15543957.jpg
ソニーRX1です。村で。


[PR]
 明日24日から南船場の壹燈舎で、いよいよ光銀クラブ写真展「光銀事変Vol.3」が始まります。モノクロームオンリーの写真展です。メンバーは6名で銀塩モノクロームが4名、デジタルモノクロームが2名です。作品は風景から鉄道まで、それぞれのテーマは様々です。
 私は「能登海景」と題して能登半島で撮った海の風景です。ペンタックス67で珍しくズームレンズを使いました。単焦点レンズに勝るとも劣らない描写にズームレンズを見直しました。フィルムはトライXです。印画紙は大好きなイルフォードのイルフォブロムギャラリー3号です。この印画紙は多諧調ではなく号数紙で、若干使いにくい面がありますが、とても優秀な印画紙です。ちょっと高価なのが欠点ですけれどね😊。
 台風一過、良い天気が続きそうです。是非、足をお運び下さい。
d0235865_08432106.jpg


[PR]
 今日は台風の影響による大雨も予想される中、おやじの会女子部写真展の打ち上げパーティーの予定です。大いに飲み、食べ、写真について語り合い、来年に向けて気合を入れるわけです。その後は24日から開催させていただく光銀クラブ写真展「光銀事変VOL.3」の搬入です。今回私は4点の作品を展示させていただきます。タイトルは「能登海景」昨年能登半島へ撮影に行ったのですが、その折に撮った写真です。
 今日はたぶんかなりの雨になると思いますので、マットに貼った写真のみを持って行こうと思っています。フレームは壹燈舎さんでレンタルさせていただくつもりです。
 勝手ながら撮影に行かない日の雨は嫌いです😊。好天なら自分のフレームにセットして行くのですが、フレーム4枚と傘はちょっと無理~~😢。
d0235865_00445237.jpg
ソニーRX1です。街角で。


[PR]