<   2017年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 トラブルがあって問題になっていたオリエンタルの印画紙ニューシーガルですが、最新の物は改善されたということです。ニューシーガルは号数紙であったころから好きな印画紙でした。発売当時は冷黒調の印画紙で、あのアンセル・アダムスも愛用していました。そんなニューシーガルも多諧調になり、純黒調になって随分たちます。現在ではイギリスのハーマンが製造していますが、少し前、黒の締りが悪いというトラブルがあり、使うのをやめました。
 仲間が最新の物を使ったところ、全く問題無く使えたということを聞き、久しぶりに使おうと注文しました。それにしても、高価になりましたね。仲間が輸入してくれるイルフォードより良いと感じることが出来れば使い続けるんですが、どうでしょう?。
d0235865_00540375.jpg
キヤノンニューF-1に28ミリです。街角で。


[PR]
 ソニーのα9が話題になっているようですが、あるメーカーの方にお聞きしたところ、現在日本では光学式一眼レフとミラーレスの販売台数はほぼ同数とのことです。要するにミラーレスの勢いが勝っていると言えそうです。その方のお話しでは、後2~3年でミラーレスが光学式一眼レフを抜き去るだろうということでした。これは各メーカーの企業としての勢力分布に関わる話です。特に光学式一眼レフをメインにしているニコン、キヤノンはここ数年が勝負どころと言えそうです。おそらく、α9と勝負できる性能とデザインのミラーレスを出さなければ苦しいでしょうね。ニコンFやキヤノンF-1のようなインパクトのある機種を期待したいものです。
d0235865_08130720.jpg
キヤノンニューF-1に28ミリです。街角で。




[PR]
 心斎橋の富士フィルムサービスステーション内コミュニティギャラリーでのグループ「GIN」写真展は無事終了いたしました。御来廊いただいた多くの皆様、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
 さて、私の次の展示になる「おやじの会写真展」ですが、ドバイでの写真を展示させてもらうことに決めました。いずれ「モノクロームの旅 ドバイ」としてまとめるつもりですので、ちょうど良いタイミングだと思います。与えられた壁面に出来るだけ多くの作品を展示させていただきたいと思っています。目標は8点前後を考えています。来週からプリント作業に入る予定です。詳細は後日お知らせさせていただきますので、よろしくお願いします。
d0235865_08112837.jpg
コニカヘキサーです。窓。


[PR]
 心斎橋の富士フィルムサービスステーション内コミュニティギャラリーでのグループ「GIN」写真展がいよいよ最終日となりました。私にとりましては、銀塩モノクロームプリントのみの写真展ということで、エポックであり、とても楽しみにしていた写真展でした。
 メンバー夫々かなり力が入っていたように思います。自分自身のモノクロプリントを目指し、展示まで努力されたことが伺えます。クオリティーも見事な物であったと思います。是非来年も、参加メンバーを増やして開催したいと思います。
 最終日は14:00までです。お時間がありましたら、是非ご覧になってください。
d0235865_08074149.jpg
ミノルタTC-1です。街角で。


[PR]
 4月ももうすぐ終わって5月になりますが、次の展示の予定があります。次は恒例の「おやじの会写真展」です。今回も前半、後半に分れて2週間の会期の予定です。
 ぼちぼちプリントを始めなければなりませんが、どうしようかと色々考えています。能登半島での海の風景にしようか、それともドバイの旅の写真にしようか。プリント自体も自ずと変わって来ます。限りなくストレートに焼くか、思いっきりイメージを創り上げるかなのですが、ドバイの写真になると、いつもの「モノクロームの旅」の延長ということになります。海の風景ですと、どんなふうにプリントするか、熟考を要すといったところです。この辺りも写真の楽しみのひとつですよね😊。
d0235865_00203674.jpg
ミノルタTC-1です。光景。


[PR]
今年の木村伊兵衛賞に原美樹子氏が選ばれました。私は原氏のこともその作品もまったく知りませんでした。木村伊兵衛賞の選考過程として、まず写真関係者のアンケート調査で候補者が選ばれ、その後選考委員である写真家の石内都氏、鈴木理作氏、ホンマタカシ氏、そしてアサヒカメラ編集長佐々木広人氏によって選ばれます。ですから私が存じ上げなかっただけで、写真関係者の間では知られた存在であったと言う事なのだと思います。
 数点の作品を観せていただいただけなので、何とも言えないのですが、現代アートに近い作品のように思えたり、新しい写真表現のように見えたり、正直なかなか難しい表現のように感じています。5月のニコンサロン大阪での展示を心待ちにしています。
d0235865_09220585.jpg
コニカヘキサーです。街角で。





[PR]
 ちょっとニコンを心配しています。このところ、どうも元気が無いような気がします。ミラーレス軍団の台頭が著しように思うのですが、どうなのでしょう。北米では1~2月期の金額ベースではソニーがニコンを抜いたとの情報もあります。ソニーのα9や富士のGFX等は話題沸騰です。でもニコンは落ち着いているのか満を持しているのか、静かな雰囲気です。
 経営者が判断を誤ったり、決断が遅ければ、シャープや東芝のようになるのは眼に見えています。ニコンファンとしては、そんなことは無いと信じたいところです。新しい戦略・戦術の元にニコンFのような斬新なカメラを発表してほしいものです。
d0235865_08205889.jpg
キヤノンT90に100ミリです。光芒。


[PR]

 心斎橋の富士フィルムサービスステーション内コミュニティギャラリーで開催しておりますグループ「GIN」写真展ですが、最近では珍しい全ての作品が銀塩モノクロプリントということで、概ねご好評をいただいているようで、とても喜んでいます。このグループは固定メンバーではなく、こういう写真展をやろうということで企画し、参加を募ったグループです。来年も開催を予定していますので、ご興味のある方は是非参加していただければ幸いです。
 本日は日曜日、お天気も良いようですので、是非ギヤラリーに足をお運びください。
d0235865_09295863.jpg
コニカヘキサーです。春。


[PR]
 ソニーが海外でα7の上位機種となるα9を発表したそうです。その性能ですが、まず目を引くのは秒20コマという凄い連写速度です。それからEVFが369万ドット、かなりの高精細です。次にシャッターはメカニカル8000分の1秒ですが、電子シャッターは32000分の1秒です。手振れ補正は5段の5軸手振れ補正機能を有します。
 ミラーレスの強みを最大限に生かした、ミラーレスの怪物と言えそうな機種です。その他、様々な新機能を有している様です。早くカタログを見て、現物を触ってみたいもんですね。
d0235865_10151244.jpg
ライカR6に24ミリです。街角で。

[PR]
 いよいよ本日より心斎橋の富士フィルムサービスステーション内のコミニュティギヤラリーで、銀塩モノクロームプリントのみのグループ「GIN」の初めての写真展が始まります。参加者全員が、かなり力が入っている様で、是非ともご覧いただきたい展示になっています。
 私は室戸岬での海の風景を3点展示させていただいています。タイトルは「荒天」です。ちょっと恐ろしいような荒々しい海の様子を表現したつもりです。いつものストレートに近いプリントではなく、イメージを作り込みました。焼き込みや覆い焼きはもちろんのこと、特殊なフィルターも使っています。「やってるね~😊。」ということで、よろしくお願いします。
d0235865_08105687.jpg

[PR]