<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 2015年も大晦日です。今年1年、お互いどのような年であったでしょうか。私自身は特に取り立てて大きな事も無い1年でした。写真に関して言えば、ニコンサロンbis大阪で個展を開催させていただいたことは、とても大きな事でした。一つの区切りを付けられることが出来たと思tっています。
 来年は次の個展に向けて積極的に撮影するつもりです。120での撮影と35での撮影を同時進行的に進めるつもりです。テーマについてはほぼ決まっているのですが、撮影をしながらイメージを固めてしっかりとしたものにしたいと考えています。今年の個展タイトル「銀色の記憶」を発展させていくものと、派生させていくもので考えています。もちろん今までに撮り溜めたものがベースになっています。
 いよいよ2016年が始まろうとしています。ブレッソンは時間の流れに区切りは無く、年月を区切る事は無意味だと言っていたような気がしますが、凡人にとって年が新たまることは良いきっかけになります。
d0235865_2319482.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 昨日は南船場の壹燈舎で忘年会がありました。壹燈舎を拠点に活動している仲間がたくさん集まり、写真の話、カメラやレンズの話、それから熟年層は健康や病気の話と大いに盛り上がりました。来年、個展やグループ展を予定している皆さんは今から熱が入っている感じです。一緒に撮影に行こうという話が持ち上がり、外国への撮影旅行の話まで出ました。ひょっとすると現実になるかもです。
 ところで、仲間の一人から来年またコダック製品の値上げがありそうとの情報もあったのですが、ほとんどの仲間は「もうコダックは使わない。フジのアクロスにするわ。」ということで、あっさり決着をみました。私もそうします。
d0235865_23575012.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 今年の注目カメラと言いますと、5060万画素のキヤノンのEOS 5Dsと4240万画素のソニーα7R MarkⅡと言ったところでしょうか。しかし、この2機種のプリントを見分けられる人はまずいないでしょうね。現在のインクジェットプリンターの能力ではそれだけの高画素をプリントするのは無理です。
 もし私が本格的にデジタルカメラを使うのなら、一眼レフで画素数は2400~2500万画素程度、連写速度は秒10コマ以上で、高感度特性に優れていて、JPEGの画像の優秀なカメラが良いですね。
 それとハッセル用のデジタルバックがもっと安価になってほしいですね。ちょっと高価すぎます。
 まあ、私はまだまだフィルムと印画紙で頑張りますけれどもね。
d0235865_1373368.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 南船場の壹燈舎でで開催されていた「明日をめくる」展が好評の内に終了しました。この企画は若きアーティストの島崎園子氏が企画されたもので、写真と現代アートの融合という壹燈舎では初の試みであったように思います。
 昨日は打ち上げパーティーがありましたが、初めてお会いする方が多く、そのお話しもとても新鮮なものでした。そして来年も新しい企画で集まろうと誓いあいました。
 さて、私は来年、新しい何かを始められるでしょうか。今までのテーマとともに、新しいことにも挑戦したいと思っています。
d0235865_9484613.jpg

ソニーRX1です。チンチン電車。
 
[PR]
 大阪市内の某中古カメラ店を覗きました。最近はめっきりフィルムカメラが減り、デジタルカメラがショーウィンドーの中央を占めています。ハッセルやライカのM型はまだそこそこ並んでいますが、それも以前ほどではないようです。噂ではどうやらお近くのC国の皆さんがライカのM3やM4を爆買いされているらしいです。ある時期、アメリカから日本にやって来たライカが今度はお隣さんに渡っているようです。
 ところで、そのライカなのですが、M型ではなくRがとてもお安い価格が付けられて棚の端の方に置いてあるのを見つけたのです。機種はライカR8で一桁万円でした。おもわず、それ見せてくださいと言いながら、薄い財布の中身を思い出しそうになってしまいました。実は私はR6を持っていて、とても気に入っているのです。そして、ちょっと不人気だったR8、R9がとても気になっていたのです。あのカブトガニのようなデザイン、高性能が詰まっているように思えたのです。発売当時はとても買えるような価格ではありませんでした。それが、とても綺麗な個体がン万円ですからね。これからフィルムカメラの価格はまだまだ下がるのでしょうね。
d0235865_2126317.jpg

ソニーRX1です。街角で。
 
[PR]
 銀塩モノクロプリントは美しいグレーが大切とよく言われます。確かに、美しいグレーは観ていて気持ち良いものです。でも私はハイライトの白とディープシャドーの黒をとても大切に考えています。まずハイライトですが、これは印画紙の地の白が最高の白です。その白を際だたせるようにハイライトのトーンを意識しています。そしてシャドーの黒ですが、これは絶対にベタッと潰れた黒は好きではありません。黒の中にもトーンが存在するべきだと思っています。そうすることで墨のような漆黒から、印画紙の地の白までを使って美しいプリントを制作するべきだと思っています。
 インクジェットプリンターを使ってのデジタルモノクロプリントも印画紙を使っての銀塩モノクロプリントも、そこは同じだと思っています。
d0235865_23585456.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 皆さん、今年も満足行く写真を撮ることが出来ましたでしょうか。そして、カラーであれモノクロであれ満足いくプリントが出来ましたでしょうか。もちろん銀塩、デジタルは関係ありません。
 私はおかげさまで、今年も数点の満足いく写真を撮ることが出来ました。また、納得いくプリントに仕上げることが出来ました。それらは、次の個展に向けてストレージボックスに保存しました。これを続けていけば、自然と数十点の作品が出来、最終セレクトで個展用の作品群が出来るというわけです。今年はおかげさまで、ニコンサロンbis大阪で個展を開催させていただきました。来年以降もどこかのギャラリーで個展を開催できればと思っています。
 平行していくつかのテーマで撮影を続けています。まだまだ納得いくところまでは来ていません。来年もああでもない、こうでもないと試行錯誤を続けながらシャッターを切るしかないと思っています。
d0235865_2225245.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 今年もクリスマスイブとなりました。大阪のメーカー系ギャラリーを除く各ギャラリーは概ね今週で展示は終了のようです。私自身も先日の壹燈舎での「光の誘惑」展で今年の展示は終了です。各ギャラリーではすでに来年の企画展の募集や個展の告知もされています。
 今まで写真は好きだけれど、一度も展示したことが無いという方、来年は是非どこかのギャラリーで展示されてはどうでしょう。きっと自分の写真に対する見方が変わると思います。須田一政先生が「自分の写真を壁面に展示し、それを冷静に見ることはとても大切なことだ。」とおっしゃっておられました。是非挑戦してください。
d0235865_1818141.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 ひさしぶりにヨドバシカメラをブラブラしました。そこでM3を見ました。ライカM3じゃないですよ。キヤノンのM3です。そう、キヤノンのミラーレスのEOS M3です。このカメラに興味があるわけではありません。興味があるのはその名称なのです。昔、オリンパスが小型で高性能のシステム一眼レフのM1を発売したのですが、ライカからMという名称にクレームが付き、オリンパスはM1をOM1に変更しました。それではなぜキヤノンのM3にクレームが付かなかったのでしょうか。また、キヤノンもM3という名称は気にならなかったのでしょうか。
 カメラの名前というのはとても大切なものだと思うのです。キヤノンはその辺りはあまり気にしないようです。フィルム一眼レフのフラッグシップだったキヤノンF-1もニコンFを意識していますものね。まあ、EOSはなかなか個性的な名称だとは思いますけれど。
 そのうち、キヤノンEOS M1という名称のミラーレスのフラッグシップが出るのでしょうか。
d0235865_23464617.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]
 現在のメジャーなレンズ専門メーカーと言えばシグマとタムロン、ちょっと性格は違いますがコシナですよね。昔はなんと言ってもコムラーです。このレンズをよく使っておられたのが動物写真家の田中光常氏です。コムラーの超望遠を良く使っておられました。私も一時コムラーのニコンマウントの200ミリF3.5を持っていました。その他のメーカーではトキナーやコミナーがそこそこメジャーで、タムロンはズームを中心に輸出を主とする会社だったような気がします。それからズームと言えばサンズームのサンがありました。まあ、当時のレンズ専門メーカーのズームはほんとうにピントがあるのか怪しいというイメージでしたね(笑)。それからソリゴール、キロンなんてのもありました。
 カメラに本格的にAEが導入され、やがてAFに至る過程で技術的について行けなくなったメーカーは自然淘汰される形で消えていきました。そんな中で現在も頑張っている専門メーカーは相当な努力をしたのだと思います。
 デジタルの時代になり、さらに高性能なレンズ要求されるようになり、技術開発も大変でしょうが、レンズ専門メーカーには是非頑張って、写真愛好家のために高性能で安価なレンズを出し続けて欲しいと思います。
d0235865_90343.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]