<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 「一にも二にも被写体です。被写体の為に自分がいるのであって、自分の為に被写体があるのではありません。」これは写真家金村修氏の言葉です。被写体あっての写真であると述べられているのだと思います。また被写体の無い写真は成立しないとも言っておられるのではないでしょうか。
 さて、どう思われますか。おそらく、さまざまな意見があるように思いますが、自分ということについては表現ということは自分の責任であると私は考えています。
 被写体の重要性という点では同意見です。ですから最近、何をどう撮れば良いのかいろいろと悩んでおります。
d0235865_22284238.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。草むら。
[PR]
 写真に興味を持ち、これから始めようとしている若い人で、フィルムにするかデジタルにするかなんて考えている方、迷わずデジタルで始めるべきです。将来、自分の写真という物がそれなりの形になったと思った時に、もしフィルムに興味があれば、それから銀塩を始めても決して遅くはありません。大切なのは何をどう撮り、表現するのかということです。どうしても銀塩でなければならないという事であれば、その時に挑戦すれば良いと思います。
 フィルムと印画紙がこんなにも高騰している中ではガンガン撮れないと思うのです。そんなことは無いという方は別にして、普通は一日に10本撮るのは難しいのではないでしょうか。デジタルであれば、とりあえずは思いっきり撮れます。そんなに高額なカメラでなくても性能は充分な物があります。まずは徹底的に撮るという所から始めるのが良いのではないでしょうか。
d0235865_22124512.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。近くの公園で。
[PR]
 光銀フォトクラブの第1回写真展「光銀事変 Vol.1」での出品作品のフォーマットについてなのですが、6×7が2名、6×6が3名、35が1名となっています。銀塩モノクロ好きは中判がお好きということになりました。私の周りを見渡して見ると、確かに中判を使う方が多いように思いますが、ほとんどの方が35も使うが中判も使うということのようです。
 機種については圧倒的にハッセルやローライが目立ちます。やはり憧れであり、買いやすくなったというこのなのだと思います。これらの中判カメラにフィルムを入れて肩にかけ、これはと思う被写体を見つけると、カメラを構え、ピントフードを起こし、静かにピントを追い込んで息を止め、そっとシャッターボタンを押す。これが良いんですよね~。
d0235865_7374662.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリf2.8です。紫陽花。
[PR]
 南船場の壹燈舎で開催している光銀フォトクラブ第1回写真展「光銀事変Vol.1」での私の出展作品について、少し詳しく説明させていただきます。
 今回の作品は梅田の北新地周辺で撮影しました。タイトルは「午後」、私はキタやミナミの夜の繁華街を日中に撮影するのが好きでよく行きます。ネオンの無い日中のけだるい雰囲気はなんと言うか、独特のものがあり、ついついウロウロしてしまいます。
 カメラはペンタックス67、レンズはたまに使うフィッシュアイ、フィルムはトライX。プリントですが、引き伸ばし機はオメガ、レンズはアポコンポノン90ミリ。印画紙はイルフォードのイルフォブロムギャラリー3号、現像液はゲッコールです。
 機材その他は写真作品そのもに決定的に関係するものではありません。まあ、フォーマットとレンズは大切ですけどね。
d0235865_0511721.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。ご近所散歩にて(先日の別カット、少しレタッチ)。
[PR]
 南船場の壹燈舎では明日から光銀フォトクラブの第1回写真展「光銀事変 Vol.1」が始まります。この倶楽部は銀塩モノクローム写真をこよなく愛する仲間の集まりです。参加条件はフィルムで撮影し、自分で現像、自分で印画紙にプリントするという事になっています。
 メンバーは現在6名で、夫々が考える銀塩モノクロ作品の第1回写真展です。銀塩モノクロオンリーという、現在ではちょっと珍しい写真展なので光銀事変と名付けました。
 私は3点の作品を展示させていただきます。タイトルは「午後」、ペンタクッス67にフィッシュアイを装着して撮りました。
 全員、力の入った作品になっていると思います。是非、ご覧になってください。
d0235865_235945100.jpg

[PR]
 歌の文句でありませんが、梅田から難波までカメラを持ってうろうろ歩きました。カメラはマミヤ645Pro、レンズは45ミリと150ミリ、それに偏光フィルターです。偏光フィルターは御堂筋にある素敵なお店のショーウィンドーを撮るのに使います。写り込みを操作するわけです。普段、真剣に写り込みだけを撮りに行く場合にはマミヤのRZ67にシフトレンズと偏光フィルターで臨みます。でも、この猛暑ですから体力的に無理。そこで機動性のある645にしたというわけです。645ならスナップにも風景にも使えますからね。
 しかし、この暑さには参りました。水を2ℓは飲みましたね。持って行ったタオルは汗でぐしょぐしょ、途中、壹燈舎で作品を観ながら休息を取らして貰いました。なんとか難波までたどり着きましたが、結局、大した本数も撮れずです。でも、どんなものが写っているのか、現像するのが楽しみです。これぞ、フィルム派の楽しみであり、醍醐味というわけです。
d0235865_16152872.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。鳥。
[PR]
 新発売のライカQですが、結構評判が良いみたいです。なんと言っても28ミリのズミルックスが装着されたボディーに手振れ補正も付いていてライカとしては比較的安価。ライカ好きの心を掴んだようです。使用されている方のコメントも概ね好評のようです。特にスナップをメインに撮影されている方のコメントは好評のようです。
 ただ、これから1年くらいで何か出てこないかというところでしょうね。最近のデジタルカメラはメカよりもソフトに不具合が出ることが多いようですし、おまけにライカはセンサーに問題が出たりしましたからね。その辺りがちょっと心配ではあります。しかし、ライカを愛する皆さんはライカであることに喜びを感じ、ライカを信じておられるということなのでしょうね。私は今のところ、フィルムライカ党です。
d0235865_113173.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。公園で。
[PR]
 私はTV大好き人間です。でも小さい頃、家にはまだTVは無く「月光仮面」や「七色仮面」はTVのあるお宅で観せてもらっていました。そして8歳くらいの時、初めて家にTVがやって来ました。それ以来、TVフリークです。そしてお気に入りは外国のTVドラマ、特にサスペンスやSFが大好きです。
 そこでです、当然お気に入りの俳優さんがいるわけです。もちろん女優さんですが、映画女優は別にしてお気に入りはCSIのモーガン捜査官、NCISの捜査官ケイト、クルミナルマインドのジェニファー、ニキータのアレックス、それからなんと言ってもキャッスル/ミステリー作家のNY事件簿の刑事ベケット、もちろん映画も大好きなんですが、こちらは男優さんのほうが好きですね~。グレゴリー・ペックやマーロン・ブランド、ショーン・コネリー・そしてロバート・デニーロ、アル・パチーノ、もちろんトム・クルーズやブラッド・ピットも大好きです。
 ところで、先日新しいターミネーターを観てきました。シュワちゃんもお歳をとられましたが、まだまだ元気に頑張っておられました。来月はトム・クルーズのミッション・インポッシブルを観に行く予定です。
 それと来月は、なんと言ってもセバスチャン・サルガドのドキュメンタリー映画「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」は必見ですよね。
d0235865_0171076.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。ご近所散歩にて。
 
[PR]
 カメラの進歩は凄いもので、シャッターと絞りだけであったものが、いつの間にか自動露出が実現。そして、ついにオートフォーカスが開発されました。いろいろありましたが、フィルム、デジタルは別にして、最近凄いな~と思うのが手振れ補正です。今やブレた写真を撮るのは難しいのではと思わせるほどです。カメラをしっかり構えて、息を止めて、静かにシャッターボタンを押すというのが常識でしたが、今や必ずしもそうではないというのが常識のようです。超望遠レンズだって手持ちで撮れる時代ですからね。驚きです。
 私達フィルム派にとっても手振れ補正付のレンズには魅力を感じます。手振れ補正というと、どうして望遠レンズを想像してしまいますが、私は広角レンズに積極的に手振れ補正を搭載してほしいですね。28ミリや24ミリに手振れ補正がついていれば、スナップの撮影手法にも大きな変化が期待できそうですものね。
d0235865_0191997.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。ご近所散歩にて。
 
[PR]
 南船場の壹燈舎ではB&W写真倶楽部南船場の後半組が始まりました。後半組はアナログとデジタルが半々といったところですが、作品はそういった事に関係なく力作が揃っています。是非、足をお運びください。
 さて、私の次の展示は来週から壹燈舎で予定されている「光銀フォトクラブ」の「光銀事変VOL.1」です。このクラブは銀塩モノクロームオンリーで、かつ全てを自身で仕上げることが必須になっています。一昨日、プリントを終わりました。今回は6×7で撮影した街の風景です。まあ、前回のような超私写真では無く、淡々と撮った作品です。是非、ご意見、ご感想をお寄せいただきますよう、お願いいたします。詳細はまた後日、お伝えさせていただきます。
d0235865_2222917.jpg

オリンパスPEN E-P1・LUMIX14ミリF2.8です。紫陽花。
[PR]