カテゴリ:ニコン( 55 )

 噂ですが、ニコンD850の発表は今週中らしいとの事です。噂の性能ですが4500万画素くらいのローパスレス、連写スピードは秒7コマ、バッテリーグリップ装着で秒9コマ、ISO感度は64~25600。その他の性能はD5に匹敵するだろうということです。価格は50万円は切るだろうとの事です。
 私の関心事は、ずばりそのデザインです。堅実にいくのか、100周年を迎えて新たなデザインで打って出るのか、注目です。まあ、堅実路線でしょうかね~(*^^*)
d0235865_00292572.jpg
Iphone6です。氷結バナナ、おいしそうでしょ。


[PR]
 ニコンでは100周年記念の行事として、東京、大阪でそれぞれ二日ですが、ニコンファンミーティングと銘打って様々なプログラムを用意したショウーを行うそうです。中身を見る限り、昔のニコンショーを思い出します。大阪では阪神百貨店で毎年春に行われていました。今回は9月2日と3日に堂島リバーフォーラムで開催されるそうです。私たちの世代にとってはとても懐かしい催しです。特にニコンのカメラとレンズの全製品を触れるのが嬉しかったです。それに、外人のモデルさんを仮設スタジオで撮影できるモデル撮影体験も行われていて、長蛇の列が出来ていました。私もニコマートFTNと50ミリを持って並びました。大人の皆さんはニコンFフォトミックに様々なレンズを持って並んでおられました。羨ましかったですね~😊。三木淳氏や細江英公氏に指導していただいたのを覚えています。今回もあるそうなので行ってみようかと思っています。お伴のカメラはマニュアルフィルムニコンを持って行きます。
d0235865_23215519.jpg
Iphone6です。お茶会にて。


[PR]
 ニコンのF3PをオーバーホールしてもらおうとニコンのSSに電話したところ、分解を必要とするメンテナンスは出来ませんとの事。たしかニコンではFやF2でも修理は無理でもオーバーホールはしてもらえるとの認識でした。どうやら最近までは可能だったようですが、現在では修理もオーバーホールもF5以降の機種に限るとのことでした。そのF5も2019年までだそうです。
 フィルムカメラを使い続けることの難しさはこの辺りにもあるように思います。故障したときに修理が不可能ということであれば、古いフィルムカメラを購入しようと思っても躊躇してしまいます。
 ただ、メーカー以外でフィルムカメラを修理してもらえるところは存在します。先ほどのニコンのカメラの修理については、ニコンの元技術者であった方達が立ち上げた会社があって、部品も保有していてFやF2でも修理可能です。
 フィルムに興味があってフィルムカメラの購入を考えておられる場合は、起こるであろう修理という事態も考えて機種を決めた方が良いと思います。
d0235865_00202580.jpg
Iphone6です。サイモンとガーファンクル、若い頃、練習しました。



[PR]
 100万円のカメラというと、ライカやハッセルを思い浮かべますが、国産の機種で100万円というのは今までなかったように思います。今日発売のニコンの100周年記念モデルのD5が100万円なのです。このD5は完全受注生産ということなのですが、国産の35ミリ一眼レフとしては最高額で100万円なのです。驚きですよね。このカメラ、いったい何台くらいの発注があったのでしょう。いくら記念モデルであってもデジタルですからね、そう遠くない時期にD6が発表になれば性能は絶対に劣るわけですからね。フィルムカメラとは違うのですから、相当なニコンファンでも躊躇するのではと思うのですが、どうなのでしょう。
 私自身もかなりのニコンファンでミレニアムのニコンS3ブラックを持っていて、とても気に入っていて使っています。でもデジタルだと欲しいとは思いませんけどね~❔
d0235865_07283835.jpg
Iphone6です。ノーベル文学賞には驚きと感動でした。




[PR]
 先ごろニコンからD850の開発発表がなされたとの事です。創業100周年を迎えるニコンが満を持して発表する新機種ですので、どうしても期待が膨らみます。おそらく、高画素、高速連写、高感度をメインに高スペックな機種になると想像出来ます。画素数は4000万画素~5000万画素、連写速度は秒10コマとなれば、フラッグシップにもなりえると思います。そうなると次のD6はどうなるのか、楽しみは増すばかりです。もしそうなってくれば、当然キヤノンはどうなってくるのか、ソニーは、ということになりますね。
 それと私としては絵作りというか、画像処理ソフトの向上を望みます。ハードが素晴らしくても、肝心の画像が相変わらずではね~😊。
d0235865_21443455.jpg
Iphone6です。ホテルのビーチのバー。ここで飲んだビールは最高でした。


[PR]
 7月25日でニコンが創立100周年を迎えるとのことです。日本光学工業(ニコン)はもともとはレンズメーカーとしてスタートしましたが、戦後カメラーメーカーとして数々の神話を生むことになります。何といっても優秀なレンズ、そして世界初のシステム一眼レフニコンFの成功でしょうね。
 私の私的偏見と独断によるニコンのエポックカメラですが、まずニコンSP、ニコンS3、ニコンF、ニコンF3、ニコンF5です。
 デジタルについてはD1は間違いないと思いますが、その後の機種についてはまだよくわかりません。いずれにしても、これからも優秀なカメラとレンズを発売し続けてほしいものですね。
 噂のミラーレスについても、たくさんの特許が出願されているらしいので、そう遠くない時期に発表があるかもしれません。
d0235865_01075825.jpg
Iphone6です。ホイアンにて。

[PR]
 ニコンは今年で100周年ということで、いろんな企画が発表されています。私が最も注目しているのは、100周年らしい新しいカメラの発表です。私の予想は二つあって、一つはD810の新製品で高画素と高速連写を両立させた機種になる。もう一つはDFの新製品で、デザインを含めてマニアックなカメラになるのではと考えています。まさにニューニコンF-Dといったイメージです。
 勝手な予想をしているのですが、この100周年をニコン復活の年にしてほしいものです。
d0235865_07064460.jpg
ペンタックス67Ⅱに45ミリです。フランス、モンサンミッシェルより。



[PR]
 このところ、久しぶりにニコンF5に24ミリF1.4という重戦車で武装して歩いています。このニコンF5というカメラ、おそらくフィルムカメラとしては最高のカメラだと思うのですが、欠点は重いというだけですね。
 なぜそんなカメラを持ち出しているのかというと、何か撮影しているんだという感覚が凄くあって、なんとなくテンションが上がるからです。季節も良くなって、いつもなら歩き回っている時期なのですが、今年はちょっとテンションが下がり気味なので、カンフル注射といった感じです。それと、新しいテーマを探しているということもあって、シャッターを切るより考え込み気味なので、それではアカンなということで、久しぶりにF5を持ち出したというわけです。効果のほどは???(;^ω^)
d0235865_23134924.jpg
ペンタックス67Ⅱに45ミリです。フランス旅行にて。


[PR]
 ちょっとニコンを心配しています。このところ、どうも元気が無いような気がします。ミラーレス軍団の台頭が著しように思うのですが、どうなのでしょう。北米では1~2月期の金額ベースではソニーがニコンを抜いたとの情報もあります。ソニーのα9や富士のGFX等は話題沸騰です。でもニコンは落ち着いているのか満を持しているのか、静かな雰囲気です。
 経営者が判断を誤ったり、決断が遅ければ、シャープや東芝のようになるのは眼に見えています。ニコンファンとしては、そんなことは無いと信じたいところです。新しい戦略・戦術の元にニコンFのような斬新なカメラを発表してほしいものです。
d0235865_08205889.jpg
キヤノンT90に100ミリです。光芒。


[PR]
 いよいよ3月も終わりです。4月1日からは新年度です。私の一番の関心事はカメラやレンズの新製品ではありません。確かに新しい写真表現ということには大いに興味を持っています。
 最大の関心事はなんと言っても、企業としてのニコンの復活なるかというところです。旧年度の決算は約90億円の赤字、新年度は果たして黒字復活なるかというところです。現在のニコンにとってカメラとレンズの事業は主要事業です。そして光学式一眼レフがメインのニコンにとっては必ずしも追い風の環境ではありません。ミラーレスの激しい追い上げにあっている状況だと思います。ミラーレスの性能はまだまだ光学式一眼レフに及びませんが、その性能差は一般のアマチュアカメラマンにとっては関係ないと言っても良いほど高度な分野になります。ニコン復活のカギは魅力あるミラーレスの開発も大切ですし、光学式一眼レフの新製品においてもいかに魅力的なものに出来るかというあたりでしょうか。
d0235865_00275945.jpg
EOS-1Nに24ミリです。トルコ、カッパドキアに向かうバスの車掌車窓より。

[PR]