カテゴリ:デジタル( 112 )

 リコーのGRの新製品が出ないのが少し気になっていたのですが、どうやら現在開発中という噂です。そして最大の関心事はセンサーサイズらしいです。APS-Cなのかそれともフルサイズなのかということが噂の的になっているようです。もしもフルサイズとなれば現在ソニーRX1のみのポジションを争うことになります。ソニーは35ミリ、GRは28ミリとユーザーにとっては選択肢が広がります。
 現実的にはセンサーはAPS-Cで十分過ぎるサイズだと思うのですが、メーカーとしてはインパクトが欲しいとなるとフルサイズとなるのかもしれません。私としてはAPS-Cのままで、全てをグレードアップするという方向を良しとしますけどね~、さて、どうなるでしょうか(笑)。
d0235865_00164644.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップの遺跡群にて。


[PR]

 最近のデジタルモノクロって本当に良くなりましたね。ちょっと前は色んな色に転んで見られた物ではありませんでした。プリンターの性能が相当良くなったこともありますが、メーカーサイドでもモノクロの描写に力を入れているということが大きいように思います。モノクーム写真その物が見直されているということかも知れません。たしかにこのところモノクロで撮る若い方が増えたように感じます。それとモノクロ女子が増えているようにも思います。一時は絶滅危惧種と言われたこともありましたが、どうやら少しはその個体数も増加しているようです。
 フィルムと印画紙のモノクロに興味を持っていただきたいとは思っていますが、まずモノクロ写真に興味を持っていただけたら、と思っています。
 デジタルモノクロも銀塩モノクロも大切なのはモノクロ表現ということです。大いにデジタルでモノクロを撮ってほしいと思います。

d0235865_00563809.jpg
ソニーRX1です。街角で。



More
[PR]
 しばらくパナソニックの噂はあまり聞かなかったのですが、海外で発表されていたLUMIX G9 PROの国内発売が決まったようです。マイクロフォーサーズのミラーレスなのですが、注目は8回撮影と合成で約8000万画素のハイレゾ画像が得られることや秒20コマの連写速度等です。お値段は20万円くらいだそうです。
 私の周りでパナソニック愛用者は一人だけで、その方は元ビデオカメラのプロカメラマンとして働いておられたのですが、その時のカメラがパナソニックだったということもあり、デジタルカメラもパナソニック一筋なのだとか。「ちょっと変やな~😊」というところです。しかし、パナソニックもなかなか優秀なのだそうです。
 レンズについてはパナソニックはライカと提携していて、今回もエルマリート200ミリF2.8を42万円で受注生産するらしいです。ソニーはツァイスですがパナソニックももう少しライカを全面に押し出しても良いように思いますけれどもね。
d0235865_23574461.jpg
ソニーRX1です。ホイアンにて。

[PR]
 私の周りにはデジタルカメラで撮ってインクジェットプリンターを使って素晴らしいプリントを制作しておられる方がたくさんおられます。もちろんカラー、モノクロ、両方なのですが、カラーはネガを超えていると思わせるものがありますし、モノクロはバライタと区別が難しいと思わせるほどのものも存在します。
 さて、そんな皆さんのカメラなのですが、フルサイズよりもAPS-Cやマイクロフォーサーズが圧倒的に多いように思います。D850のような高画素機はまず見ません。ましてや中判デジタルにいたっては見たことがありません。もちろん価格の問題はあるでしょうが、要するに十分だということなのだと思います。
 もう銀塩、デジタルの区別なんてどうでもよくて、さて写真はどうなのか、作品はどうなのかということのみなのだと思います。
d0235865_07521064.jpg
ソニーRX1です。店先で。

[PR]
 いつもチェックさせてもらっているプロの方のブログによりますと、ソニーが中判デジタル用の1億から1億5千万画素の裏面照射型のセンサーを発表したとの事です。いよいよ、とんでもない世界がやってきそうです。まあ進むしかないのが現在のデジタルの世界なのでしょうが、ここいらで一回止まってみようということはないのでしょうか。企業競争というサバイバルの中ではありますが、本当の意味で写真というものを考え、カメラはどうあるべきなのか、このまま進むのがカメラ本来のありようなのか、そんなことまで考えさせられます。
 新しいカメラのありようはどのような物なのでしょう。カメラメーカーもIC関連企業も考えているのでしょうが、とんでもない発想を期待したいものです。
 まあ、私はフィルムと印画紙なのでしょうが、それとは全く違う写真のありようが出てきそうな気もします。
d0235865_00154888.jpg
ソニーRX1です。街角で。


[PR]
 南船場のギャラリー・アビィで開催されている生熊章浩氏の個展「都市図形」ですが、改めてデジタルの描写の凄さに感心しました。都市の建築物の一部を切り取った作品なのですが、展示作品はB0(ゼロ)の大きさにプリントされています。その大画面にも関わらずビクともしない描写は見事です。デジタルならではの作品になっています。
 フィルム派の皆さんははもちろんデジタル派の皆さんも改めてご覧になってほしいと思います。写真の新しい面を見たように感じました。
d0235865_23261330.jpg
ソニーRX1です。街角で。


[PR]
 ソニーがミラーレスのα7RⅢの発売を発表しました。11月25日の発売との事です。メカシャッターで毎秒10コマの高速連写が可能で4240万画素です。毎秒5コマだった連写速度を一気に倍の10コマまで持ってきました。ソニーの力の入れようと勢いを感じます。お値段は35~6万円ほどになるらしいです。
 あのボディーに新しいシャッターユニットを組み込み、α9に一歩近づくカメラにして来たと言えますね。α7とα9シリーズはソニーの堂々たる顔になりました。さて、東京オリンピックに向けてのソニーの新α7と新α9が楽しみです。
d0235865_23373314.jpg
ソニーRX1です。ベトナム、五行山にて。

[PR]
 物の価格というのは、どんなに高価でも納得出来る場合と、そうで無い場合があると思います。確かにライカやハッセルには少しそんな思いもあるにはあるのですが、私がどうしても「なんでやねん?」と思うものがあります。それはあのデジタルバックというやつです。カメラボディもレンズも付いていないあのフィルム代わりの四角い箱です。なぜあれが数百万円もするのか、全く理解できません。確かに最近のは1億画素とからしいのですが、主要部分のセンサーは大体ソニー製です。私なら、富士かペンタックスの中盤デジタルを買いますけどね~?売れてるんでしょうかね~?・・・納得出来ません。
d0235865_23114737.jpg
ソニーRX1です。雨の空港。


[PR]
 デジタルカメラの販売がなかなか好調のようです。なかでもミラーレスが相当の伸びを示しているとか。聞くところによるとソニーのα9が予想よりも好調らしいという噂です。あれほどの高級ミラーレスが売れるということは小型、軽量で性能も極めて優秀といところが評価されてのことだと思います。ただまだ街で見かけたことはないですね!(^^)!。
 ソニーとしてはおそらく3年後の東京オリンピックに合わせてα9Ⅱを出してくるでしょうね。その時にはスポーツ報道においても十分な性能を持ったミラーレスとして登場するはずです。その機種こそがソニーのミラーレスのひとつの到達点になるのではと思います。
 最近は若かった頃のように、色々な機種のカタログを貰ってきては、あ~でもない、こ~でもないと楽しんでいます😊。
d0235865_21062581.jpg
Iphone6です。懐かしいでしょ。


[PR]
 記事で読んだのですが、女性がデジタルカメラを購入する場合、ミラーレスに人気が集まっているとの事です。
スマホで写真を撮っていたのだが、もっときっちりとしたカメラで撮りたい、旅行に行くのでちゃんとしたカメラが欲しい、というのが動機に多いとの事らしいです。それで、小さく、軽くて、デザインが良いという理由でミラーレスに人気が集まっているらしいです。どのようなカメラが購入されているのかと思うと、以外と高級機も購入されているらしいのです。オリンパスのOM-D EM-1Ⅱもランキングに入っていました。
 今回、ベトナム旅行で旅行者の皆さんがどんなカメラを持っているのかも、ちょっと気になったのですが、ミラーレスはほとんど見かけませんでした。一眼レフはキヤノンかニコン、コンパクトデジカメも見かけました。おそらく海外ではミラーレスはこれからなのでしょね。
d0235865_20532910.jpg
Iphne6です。ホイアンにて。


[PR]