カテゴリ:カメラ( 136 )

 昨日のエイプリルフールのニュースは多くの皆さんを驚かせてしまったようで、申し訳ありません。でもこれは私の本当の夢なんです。
 さて、ストラップの長さの話です。私が若い頃は、カメラのストラップを首に掛けるのは物凄くダサイ行為とされていました。斜め掛け、いわゆる幼稚園掛けなんて論外でした。ストラップの長さは、肩にかけてボディーが肘のあたりにくる少し短めが最もカッコイイとされていたものです。または手首に巻き付ける派です。ですから私はいまだに短めの肩掛け派です。でもこのあいだローライフレックス6008のストラップを長くして、斜め掛けしてみたのです。これが以外と使い勝手がよくて驚きました。安定していて変にブラブラしません。中判は斜め掛けでいこうかなと考えています。
d0235865_08584631.jpg
コニカヘキサーです。雨日。

[PR]
 久しぶりにカメラとレンズの手入れをしました。手入れといってもシャッターを切ってやるだけです。と言いますのは特にレンズシャッターなのですが、時々はシャッターを切ってやらないと低速に粘りが出ることがあるからです。レンズシャッターではコムパーやプロンターはとても優秀なシャッターなのですが、使わないで放っておくと低速に粘りが出ることがあります。特にコムパーは気を付けなければなりません。ローライフレックスやハッセルブラッド用のCレンズに搭載されています。
 それからマミヤのC型やRZ用のレンズもシャッターが搭載されていますが、こちらは国産のセイコーです。このセイコーのシャッターは素晴らしく優秀で丈夫です。数十年前の物でも全く精度に狂いがありません。撮影結果を見れば速度の違いがきっちりと見て取れます。少し音が甲高いのと軽いのが気になる程度です。
 次にフォーカルプレーンシャッターですが、ペンタックス67は3~4年に一度はシャッターを点検してもらっています。あれだけ大きなシャッターですからシャッタームラが心配です。昨年2台を点検してもらいました。ムラが出ると結構お金がかかります。経費節減は日々シャッターを切ることからですね😊。
d0235865_22564654.jpg
ペンタックス67に45ミリです。トルコ、カッパドキアにて。

[PR]
 私はほとんどのカメラにモータードライブ、あるいは、ワインダーをつけています。ハッセルにも純正のワインダーを付けていますし、マミヤのRZにもワインダーを付けています。なぜかと言いますと、まずは若い頃の憧れです。ニコンF2にモードラを付けたかったのですが、高価で買えませんでした。その後、何とか変えるようになり、ニコンF3、キヤノンF-1、ニューF-1にもモードラをつけています。恐ろしく重いですよ。ニューF-1なんか単三を12本ですからね。それでも連写速度は秒5~6コマというところです。最近のデジタルカメラの秒10~12コマには遠く及びません。まあ、フィルムを巻き上げる必要がないのですから、そんなものかもしれません。
 ただし、私は高速連写の為にモードラやワインダーを使っているわけではありません。私の撮影はほとんどが手持ちです。ですからファインダーから目を離すことなくフィルムを巻き上げたいからなのです。そうすればフレーミングにズレが出ることがありません。微妙にフレーミングを変えながらシャッターを切り続けることも可能です。シャッターボタンを押しっぱなしで連写することはまずありません。必ず自分の意志でシャッターを切っています。ですから、秒3コマくらいの巻き上げ速度がちょうど良い感じです。
 ところで、ワインダー付きのハッセルSWCがあるらしいのですが、実物を見たことがありません。私の夢のカメラです。
d0235865_00313413.jpg
ローライフレックス3.5Fです。渚にて。

[PR]
  このところ、めっきり春めいてきました。毎年春になるとカメラグランプリの発表となりますが、それに向かって「あなたが選ぶベストカメラ」の投票が始まったとの事です。さて、グランプリはどうなるのでしょうか、キヤノンのEOS-1DXⅡが強いのでしょうか、それともミラーレスのオリンパスOM-D EM-1Ⅱもあるかもしれません。オリンパスは「あなたが選ぶ・・・」のほうに投票が多いような気がしますがどうでしょう。
 いずれにしてもカメラの季節、写真の季節ですよね。
d0235865_07561387.jpg
ローライフレックス3.5Fです。バリ島にて。

[PR]
 最近のカメラはほぼ全てがバッテリーで動いています。ですから確実に寿命が来ます。電子部品が劣化し、修理不能となるわけです。フィルムカメラでも電子シャッターを搭載しているカメラは同じように寿命がやってきます。でもいわゆるメカカメラ、ライカM型やニコンF、F2、キヤノンF-1といったカメラはかなりの場合で修理が可能です。ライカなどは部品が無い場合は作って交換するということもあるようです。ですから私のようなフィルム派はそんなカメラを1台は持っていたいと思うわけです。
 でもデジタル派の皆さんは修理不能となれば、あっさりとゴミ箱行きにし最新機種を購入されるのでしょうね。
 カメラを愛でるという思いがどこかへ行ってしまうのは残念です。
d0235865_00105083.jpg
ニューマミヤ6MFに75ミリです。ハワイ、ワイキキにて。

[PR]
 最近、あまり使わなくなったカメラにハーフサイズカメラがあります。以前は粗粒子表現の為に使っていました。トライXを増感してD76で高温現像していたのです。ところが最近のフィルムは改良が加えられ、ちょっとやそっとでは粒子は荒れません。そういうこともあってハーフを使わなくなりました。
 それともうひとつ、36EXで72枚も撮れるというところに、若干の問題ありなのです。36というのが身体に染みついていて、それが良いリズムになっているのです。フィルム交換がちょっと考える時間も与えてくれます。どうも72というのは重いのです。まだ56か、なんて感じでイラッとしたりしてしまいます。
 デジタル派の皆さんは気にもならないのでしょうね(笑)。
d0235865_12095542.jpg
Iphone6です。このロールスロイス、初めて見ました。

[PR]
 さて、今年のベストカメラはどれでしょう?まず一眼レフですが、これは難しいですね。ニコンD5を取るかキヤノンEOS-1D X MarkⅡかですが、ここまでくると好きなほうに軍配を上げれば良いと言う感じです。
 ミラーレスはどうでしょう。私としては発売されたばかりですがオリンパスOM-D E-M1 MarkⅡがNO-1だと思います。描写、連写スピード、手振れ補正等の性能は素晴らしいと思いますし、カメラとしての作り込みの良さもなかなかのものです。
 東京オリンピックに向けて、各社熾烈な開発競争が続きますが、来年はどんなカメラが出てくるのか楽しみです。
d0235865_923355.jpg

オリンパスペンE-P3・LUMIX14ミリF2.5です。街角で。
[PR]
 二十歳前後の若い方から、デジタルカメラを購入したいのだが、何が良いかという質問をたまに受けます。ほとんどの人がスマホで写真を撮って楽しんでいるというわけで、他のカメラに興味を持つというのはそれほど多くは無いと思うのです。
 そこで、どんな写真が撮りたいのか聞いてみると「もっと綺麗な写真」「感じの良い写真」「面白い写真」「凄い写真」等々の答えが返ってきます。そしてレンズ交換出来る一眼レフやゴープロやキーミッションのようなアクションカメラに興味お持ちの様です。
 そこで私がお薦めするのがミラーレス一眼というわけです。オリンパスやソニーをお薦めすることが多いのですが、最後は予算とデザイン、そして実際に触ってみて決めるようにアドバイスさせていただいています。
 スマホでの撮影からデジタルカメラでの撮影への移行は大歓迎です。
d0235865_8281196.jpg

オリンパスペンE-P3・LUMIX14ミリF2.5です。街角で。
[PR]
 カメラ2台がダウンしました。キヤノンEOS1-NとマミヤRZProⅡです。さて、修理なのですが、2台とも諦めます。EOS1-NについてはEOS1-Vがあります。RZについても同じボディーをもう1台所有しています。ですから、あえて修理する必要も無いと考えました。
 そもそもなぜ同じようなのを持ってるんや?と言うことなのですが、憧れていたカメラをオークションサイトで見つけると、ついついクリックしてしまったのです。それで同じようなカメラが集まってしまいました。今回の事は、カメラ全部を均等に使うのも無理な状況ですし、私もそれなりの年齢になりますので機材整理のきっかけにもなると思い、修理をしないことに決めました。
d0235865_22501822.jpg

ソニーRX1です。関空にて。(こんなモデルさんを撮ってみたいですね。)
[PR]
 今月の日本カメラ誌の月例フォトコンテストのモノクロームの部を見ていて見つけました。銀賞作品の一つのデータにペンタックスSP、55ミリとあったのです。なんと懐かしく思ったことか。そのペンタックスブランドでカメラ、レンズを製造していた旭光学はリコーに吸収されてしまいましたが、1960年代、名機アサヒペンタックスSPはベストセラー機でした。カメラ写真雑誌の月例フォトコンテストのデーターの80%以上はペンタックスでした。55ミリとあったのは、おそらくタクマー55ミリF1.8だと思います。この頃のペンタックスはスクリューのM42マウントでしたから、様々なレンズが装着可能ですが、まあタクマーと考えて間違いないと思います。
 この方はプリントはインクジェットプリンターで出力されています。フィルムカメラが好きだけれども暗室作業が出来ないという方には、ネガをスキャンしてインクジェットプリンターで出力するというのも良い方法ですね。
d0235865_823842.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]