現在、南船場の壹燈舎で開催されている「おやじの会女子部写真展」は2週目に入ります。おかげさまで悪天候にも関わらず多くの皆さんに語来廊いただき大変喜んでいます。おやじの会女子部のメンバーにはプロもアマチュアもいて年齢も幅広い層になっています。オーソドックスな表現を好む者、とても斬新な表現を好む者、実に様々です。デジタルカラー、カラーポジ、カラーネガ、モノクロと技法も様々です。
 そんな仲間が集まってワイワイやっているわけで、本物のおやじ達はたじたじというのが本音です。そんな写真展です。是非、足をお運び下さい。
d0235865_23430858.jpg


[PR]
 聞きしに勝るプリントをご覧になったことがおありでしょうか。私は一度だけあります。阿倍野の近鉄百貨店のギャラリーだったと思いますが、アンセル・アダムスの「冬の嵐の後で」と「フェルナンデスの月の出」を観た時は数分間唖然として立ち尽くし、感動で涙が出そうだったのを覚えています。
 「良いプリントやったで。」「工芸品みたいなプリントや。」と紹介されて行った写真展のプリントも大抵は、それほど素晴らしいと思えるものに出会った記憶はありません。写真作品その物が素晴らしいかという問題もありますが、前出のプリントは作品そのものと肩を並べるほどのものでした。
 私自身はプリントその物を評価いただくのはとても嬉しいのですが、「良い写真ですね。」と言われる方がはるかに嬉しいですね。でも、私も聞きしに勝るプリントを目指しているのです。道半ば、本当に難しいものです。
d0235865_23462825.jpg
ソニーRX1です。ベトナム、ダナンにて。


[PR]
 最近のヤフー等のオークションサイトを見ていると、暗室関係の備品を一挙に放出されている方が目立ちます。現像タンクとリール、引き伸ばし機、サンダース等の高級イーゼル、アーカイバルプリントウォッシャー、シールのドライマウントプレス機、印画紙や各種薬品、その他の用具を一人の方が出品されていたりします。フィルムと印画紙からデジタルに移行されたということなのだと思います。
 最近の高級インクジェットプリンターと良い紙を使えば、銀塩のクオリティーに勝るとも劣らないプリントが出来ます。大きな決断ですがデジタルへの移行も理解出来ます。
 私も考えないわけではないのですが、いざ暗室でプリントしだすと、その楽しさに「やっぱりこれやな~😊」という感じになってしまいます。
 フィルムと印画紙に興味のある方は、今は各種用品を揃えるチャンスです。どうですか、禁断の果実をかじってみませんか。
d0235865_00055635.jpg
ソニーRX1です。ベトナム、ダナンにて。


[PR]
 天気予報では昨日は雨ということで、雨模様を期待して近所にある大きな公園へ行きました。今にも振りそうな雲いきだったのですが、結局降らずでした。最近は影が出るくらいの日差しが好みだったのですが、久しぶりに雨の写真を撮ろうと思ったわけです。
 ニコノスⅤとマクロレンズを付けたオリンパスOM2を持って出かけました。雨は降らなかったのですが、曇天の写真は撮れました。このところ、ちょっと昔撮っていた写真を見直して、また撮ってみようかなと思っています。
 写真を撮るというのはとても難しく、その気持ちを持ってモチーフをさがさねばなりませんし、対峙せねばなりません。
d0235865_23314015.jpg
ソニーRX1です。村へ。

[PR]
# by jackal-t1y4 | 2017-10-14 00:19 | 暗室 | Comments(0)
 ソニーから新発売されたRX10M4ですが、ちょっと大柄ではありますがスーパーコンデジと言えそうなカメラです。レンズ一体型でセンサーは1インチ、約2000万画素です。そのレンズは35換算でなんと24ミリ~600ミリです。AFスピードも世界最速の0.03秒との事です。その他の性能も素晴らしいものです。
 要するにこれ一台あれば後は何もいらないと言えるカメラです。A3ノビくらいのプリントなら何の問題も無いでしょうし、普通なら撮れないものはありません。
 一般のユーザーにとってデジタルカメラのランクに意味があるのかと思わせてしまいますよね~😊。
d0235865_07451871.jpg
ソニーRX1です。光景。

[PR]