今年もいよいよ終わりで、新しい年もすぐそこです。私も一つ歳をとりましたが、大先輩達の皆さんも来年また一つ歳をとられます。来年100歳になられるY氏、99歳になられるA氏、93歳になられるT氏、そして92歳になられるK氏、皆さん今もカメラを持って外へ出られています。皆さんは私が尊敬し、理想とさせていただいている大先輩です。
 写真の世界でとても高名な方もおられますし、そうではないけれども写真が大好きな方もおられます。私もこんな風に写真を撮り続けられたら、どんなに素敵だろうかといつも思っています。充実した写真人生を送り、歳を重ねることが出来れば幸せだなと思っています。
d0235865_00192999.jpg
ソニーRX1です。街角で。

[PR]
  「構図は気にしているのか?」という質問をいただきました。メチャクチャ気にしています。構図というよりもバランスと言ったほうが良いかもしれません。これはとても気にしていて、物の大きさのバランス、位置のバランス、白から黒のバランス等々、バランスは意識しています。私はそれらを間(ま)という感覚でとらえています。この間で最も感覚的な部分は距離感だと思っています。色んな物を長年にわたって撮ってきたことが、この間の感覚を育てたのではと思っています。
 私は構図が全てという風には思っていません。構図を気にせず、ドンドンシャッターを切っていくという方法はもちろんOKです。ただ、私は昔ながらの構図とシャッターチャンス、絞りとシャッタースピードを基本にしています。
d0235865_09070723.jpg
ソニーRX1です。街角で。

[PR]
# by jackal-t1y4 | 2017-12-17 09:08 | 写真 | Comments(0)
 2017年の歴史的カメラが日本カメラ財団により、6機種が選定されました。その中で富士のGFX 50S、ニコンのD850、そしてソニーのα9が選出されていますが、極めて順当と言えると思います。フジGFX50Sは5000万画素を超える中判ミラーレスであり、ニコンD850は4575万画素の高性能光学式一眼レフ、ソニーのα9はミラーレスとして光学式一眼レフに迫る性能を達成しています。
 この三機種はある意味、今後のデジタルカメラのそれぞれの方向を示しいるように思います。プロやハイアマチュアと呼ばれる人々はこれらのカメラを選択肢として考えると思います。
 さて、2020年に向け、これらのカメラはそれぞれどのように進化していくのでしょうか。興味深々です。
d0235865_09324907.jpg
ソニーRX1です。街角で。


[PR]
 昨日も本当に寒かったですね。この寒さなのですが冬の日本海へ行ってみようかなと、ふと思いました。昔、先輩に連れて行っていただいた思い出があります。黒く垂れこめた空、風が強く、荒れた海。演歌に出てきそうな風景を想像してしまいます。車で予定を決めずに出かけてみたいです。どうなるか分かりませんが、以前行った能登半島か鳥取方面から東へ向かってもいいかなと思っています。2~3日、適当にウロウロしてもいいかなと思うのですが、地図を見てみようと思います。年内は無理なので行くとしたら来年ですが、雪道走行は無理なので、雪のない時を狙って行きたいと思います。
 どうなるか分かりませんが、元気なうちにあちこち行きたいという思いもありますので、ちょいと真剣に考えます。
d0235865_23035027.jpg
ソニーRX1です。街角で。


[PR]
# by jackal-t1y4 | 2017-12-15 00:41 | Comments(0)

 最近のデジタルモノクロって本当に良くなりましたね。ちょっと前は色んな色に転んで見られた物ではありませんでした。プリンターの性能が相当良くなったこともありますが、メーカーサイドでもモノクロの描写に力を入れているということが大きいように思います。モノクーム写真その物が見直されているということかも知れません。たしかにこのところモノクロで撮る若い方が増えたように感じます。それとモノクロ女子が増えているようにも思います。一時は絶滅危惧種と言われたこともありましたが、どうやら少しはその個体数も増加しているようです。
 フィルムと印画紙のモノクロに興味を持っていただきたいとは思っていますが、まずモノクロ写真に興味を持っていただけたら、と思っています。
 デジタルモノクロも銀塩モノクロも大切なのはモノクロ表現ということです。大いにデジタルでモノクロを撮ってほしいと思います。

d0235865_00563809.jpg
ソニーRX1です。街角で。



More
[PR]