終戦から72年、今年もTVでは様々な番組が放送されました。私はいわゆる戦争を知らない子供たち世代なのですが、出来るだけ多くの番組を見るようにしています。今年は昭和38年に行われた戦争に関する座談会を再現した映画「日本の一番ながい夏」に深い感銘をを受けました。一般の人々から政府中枢におられた方々が語る言葉には重い重いものがありました。特に沖縄戦で従軍看護婦として生死の境を彷徨われた方の言葉に深い感銘を受けました。現在の私達はこの方々の大きな犠牲の上に成り立っているのだとあらためて感じました。
 今日もプリントです。
d0235865_08091657.jpg
Iphone6です。何個でも食べられそう。


[PR]
 ここ数日はプリント作業をしています。ベトナム旅行での写真のワークプリントです。プリントのクオリティはある程度無視して、8×10にどんどん焼いて行きます。それが終わると二次セレクトに入って、プリントについてもどんなふうに焼くかをイメージします。基本的にはネガを忠実に再現することを考えるのですが、自分のテーマにそう作品になりそうな場合はイメージを作り込むことも考えます。私はあまり撮影場所を意識することなくシャッターを切っていますので、案外国内で撮った作品と並べても違和感を感じない作品ができることが結構あるものです。
 ところで、ワークプリントには富士のRC印画紙を使っているのですが、富士がバリグレードの生産終了を告知していますので、ストックが無くなれば少し高い印画紙を使わざるを得ません。キャビネに変更しても良いのですが、やはり8×10くらいでないと細部が見えにくいですからね。アウトレット商品等の安価な印画紙を探すことも必要になりそうです😿(´;ω;`)ウゥゥ。
d0235865_07420847.jpg
Iphone6です。なかなかの絶叫ましんです。


[PR]
 噂ですが、ニコンD850の発表は今週中らしいとの事です。噂の性能ですが4500万画素くらいのローパスレス、連写スピードは秒7コマ、バッテリーグリップ装着で秒9コマ、ISO感度は64~25600。その他の性能はD5に匹敵するだろうということです。価格は50万円は切るだろうとの事です。
 私の関心事は、ずばりそのデザインです。堅実にいくのか、100周年を迎えて新たなデザインで打って出るのか、注目です。まあ、堅実路線でしょうかね~(*^^*)
d0235865_00292572.jpg
Iphone6です。氷結バナナ、おいしそうでしょ。


[PR]
 私はモノクロ35ミリフィルムについては100ftのいわゆる長巻フィルムを使っています。トライXの長巻きをパトローネに装填するために買ったイージーローダーにはトライXを40%の価格で使えると書いてありました。ところが最近ではトライXもTMAXもなぜかパトローネ入りフィルムの倍に近い価格になってしまいました。これでは誰も購入しないということで、量販店では取り扱い終了となっています。
 我が家の冷蔵庫にはトライXやTMAXの長巻きがまだ数箱ずつ入っていますが、これがなくなったらイルフォードのデルタに変更するつもりです。ヨーロッパ系のフィルムメーカーではまだ数社が長巻きフィルムをそれなりの価格で提供してくれています。それがもしも無くなったら、パトローネ入りを使わざるを得ません。そうならないように、長く生産を続けてほしいものです。
d0235865_08183659.jpg
Iphone6です。ちょっと前のゴールドコーストです。



[PR]
 私の初めての35ミリカメラはミノルタハオマチック7でしたが、このカメラのフィルム巻き上げはいわゆる順巻き上げです。それが自然な感じで当たり前のように思っていたのですが、ニコマートFTNに初めてフィルムを入れた時、逆巻き上げになっていたのに驚きました。フィルムの平面性を保つ為に色んな試行があったのだと思います。
 その後に買ったニコンF2も逆巻き上げでした。ところがキヤノンF-1は順巻き上げです。当時の記事にはフィルムの平面性を良くする為と書いてあったのを覚えています。コンタックスRTSⅢはその為にフィルム圧板にバキューム装置まで着けていました。フィルムカメラにとって、フィルムの巻き上げが最も難しい機構の一つだそうです。デジタルになって、そんな技術も廃れた行くのでしょうか。
d0235865_09342031.jpg
Iphone6です。たまにはいい感じ~😊。


[PR]