2017年 05月 24日 ( 1 )

 久しぶりにローライフレックス6008インテグラルを持って出ました。このカメラ、究極の6×6カメラでAFで無いという以外は、多分割測、自動巻き上げ、自動巻き戻し等の完全オートカメラで、おまけにレンズシャッターなのに1000分の1秒を装備しています。レンズもプラナーで明らかにハッセルブラッド500シリーズよりスペックは勝っています。欠点は重いことと恐ろしく高価であることです。もちろん私はデッドストックを超格安で手に入れました。そして最大のネックがバッテリーなのです。このバッテリーは専用のニッカド充電池なのです。充電を繰り返していると短期間で急速に劣化します。そして、買おうと思っても、もうこのバッテリーは手に入りません。
 何とかならないかと、いろいろ調べてみましたら、このバッテリーのセルを新品と交換してもらえる業者さんを発見しました。そこで1個をお願いしたところ数日で作業が終わり送られてきました。おかげでバッテリー切れを心配することなくガンガン撮れるようになりました。
 ローライが消滅したので故障すればそのままゴミ箱行き🚮しかないという運命のカメラなので、壊れるまで思いっきり使ってやろうと思っています。
d0235865_22405835.jpg
キヤノンEOS-1Nに24ミリです。フランス、オンフルールにて。


[PR]