2017年 04月 04日 ( 1 )

 ソニーが2018年に中判の1億5000万画素のセンサーをリリースするというニュースを、いつも読ましていただいている方のブログで知りました。ついに億という単位が普通に出てくるということになるのでしょうか。これはフィルムで言えば4×5を超えるのではないでしょうか。いよいよそんな時代がやってくるということなんですね。まあ、選択肢が増えることは良い事だと思います。フィルムにおいても、35を使うか、120を使うか、あるいは4×5や8×10を選ぶということでは同じです。ただ、手軽に4×5や8×10を使えるようになるというのは凄いことです。ただし、プリンターが現状のままでは、カメラの力を発揮するのは難しいでしょうね。今のインクジェットプリンターでは画素数ほどの違いは出ないと思うのですがどうなのでしょう。

d0235865_08424760.jpg
キヤノンT90に28ミリです。空景。

[PR]