2016年 08月 31日 ( 1 )

 展示予定の10点のプリントを終えました。乾燥後、フラットニングとスポッティングの予定です。ところで、このフラットニングですが、今はシールのドライマウントプレス機を使っています。それまでは厚さ5ミリのガラスでブロッティングペーパーに挟んだ印画紙をサンドイッチし、その上から重いい書籍を乗せて2~3日、それでフラットにしていました。思い悩んだ末にドライマウントを導入したのですが、その処理の手軽さと性能に、もっと早く導入すればよかったと思いました。もしも、バライタ印画紙でモノクローム作品を制作されているなら、是非ドライマウントプレス機をお薦めします。フラットニングが楽しくなります。それと明らかにプリントのクオリティーが上がります。
 オークションに出品される場合もありますし、比較的安価な物も販売されています。シール社にとらわれることはありません。要するに、大きなアイアロンなんですから。
d0235865_23441560.jpg

ソニーRX1です。街角で。
[PR]