カメラの修理 2017年7月8日

 ニコンのF3PをオーバーホールしてもらおうとニコンのSSに電話したところ、分解を必要とするメンテナンスは出来ませんとの事。たしかニコンではFやF2でも修理は無理でもオーバーホールはしてもらえるとの認識でした。どうやら最近までは可能だったようですが、現在では修理もオーバーホールもF5以降の機種に限るとのことでした。そのF5も2019年までだそうです。
 フィルムカメラを使い続けることの難しさはこの辺りにもあるように思います。故障したときに修理が不可能ということであれば、古いフィルムカメラを購入しようと思っても躊躇してしまいます。
 ただ、メーカー以外でフィルムカメラを修理してもらえるところは存在します。先ほどのニコンのカメラの修理については、ニコンの元技術者であった方達が立ち上げた会社があって、部品も保有していてFやF2でも修理可能です。
 フィルムに興味があってフィルムカメラの購入を考えておられる場合は、起こるであろう修理という事態も考えて機種を決めた方が良いと思います。
d0235865_00202580.jpg
Iphone6です。サイモンとガーファンクル、若い頃、練習しました。



[PR]
by jackal-t1y4 | 2017-08-08 00:21 | ニコン | Comments(2)
Commented by keizo-f at 2017-08-08 09:05
SSで私もF3修理してもらったことがありますが、もう受け付けてもらえなくなったのですか。
37年も前に発売したカメラの修理をこれまで受け付けてきたこと自体がすごいことではありますが、残念ですね。
Commented by jackal-t1y4 at 2017-08-08 23:27
> keizo-fさん
確かにニコンは出来るだけのことはしてくれたと思います。
実際に、ニコンのSSに紹介された業者さんは元ニコンの技術者ばかりで、部品もある程度の量を確保しているとの事でした。価格も良心的だと思います。