思いで 広角と望遠 2017年6月20日

 高校生時代に父に買って貰ったニコマートFTNには50ミリF1.4が付いていました。交換レンズが欲しくなるのは当たり前のことで、広角と望遠が欲しかったのですが、なかなか買えませんでした。やっと手に入れたのが、28ミリF3.5、そして200ミリF4.0でした。
 28ミリに赤フィルターを付けて、トライXをISO800に増感してプロマイクロールで現像。この頃の28ミリは超広角と言われていて、24ミリは超々広角なんて言われていました。
 望遠200ミリは動物園で動物達をそれなりの大きさに撮る為でした。本当は300ミリが欲しかったのですが、価格的に無理でした。
 28ミリ、50ミリ、200ミリの3本時代は長かったですね。その後色んなレンズを手にしましたが、1本を選ぶなら迷わず28ミリを選びます。
 結局私の場合、ボディー1台に28ミリ1本あれば90%OKです。そんなわけで、ミノルタTC-1は常に持ち歩いています。
d0235865_01020995.jpg
キヤノンEOS1-Nに24ミリです。トルコ、イスタンブールのアヤソフィアにて。


[PR]
by jackal-t1y4 | 2017-06-20 01:03 | レンズ | Comments(0)