続 イーゼル 2012年12月4日

 「どんなん使こてんのん?」なんて話がありましたので、またまたイーゼルの話です。以前ご紹介しましたように、私が使っているイーゼルは4台です。サンダースとLPLはよく知られていますので、後の2台をご紹介します。
 まず、ラッキーのユニバーサルイーゼルプロですが、これはドイツ製のOEMなんですが素晴らしいイーゼルです。12×16インチ以下のサイズですが、重さが6㎏以上あって安定しています。ブレードの移動もとてもスムースですし、持ちあげたブレードがエアーダンパーでスッと止まります。直角の精度も高いですし、仮に全体の直角が狂った場合、比較的容易に修正が可能です。最高のイーゼルだと思います。
 次はイギリス製のrrbマスターです。これは大きな可動ブレードが2枚なんですが、充分な余白を取れるように固定ブレードの幅が広く、数ミリ単位で余白を取れるようにしてあります。可動ブレードが2枚なので、直角の精度も高く、微調整も容易です。強力なバネでブレードを持ちあげるようになっているので、重いブレードを軽く持ち上げることが出来て、一定の位置で止まります。とにかく頑丈です。
 ストレス無く印画紙を扱えるのは気持ちの良いものです。
d0235865_0104268.jpg
d0235865_011869.jpg

キャノンIXY920ISです。写真はトルコ、カッパドキア周辺です。
[PR]
by jackal-t1y4 | 2012-12-04 00:18 | 暗室 | Comments(0)