ワークプリント用の印画紙には富士のバリグレードのRC印画紙を使っていました。富士がこの印画紙の製造を中止してしまい、ストックも残りわずかになってしまいました。新しい印画紙を決めなければなりません。条件の一番は価格です。あくまでもワークプリント用なので、ネガのイメージがおおよそ掴めればOKです。ですから黒の締まりとか諧調再現性等の性能につきましては、それなりでOKというこになります。今考えているのは、富士の号数紙のRCかオリエンタルのイーグルです。
 200枚ほど買わなければなりませんので、同じような性能なら安いほうにしようと思っています。それにしても、高価なものになってしまいました。
d0235865_00470007.jpg



d0235865_00461732.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップにて。




[PR]
 和泉市の久保惣記念美術館での写真展「南大阪の写真家たち」展の初日が無事終了しました。生憎の雨模様ということで心配していたのですが、おかげさまで多くの皆さんに御来廊いただき、とても喜んでいます。4名のメンバーが在廊させていただいたのですが、お客様の対応に追われるという嬉しい状況でした。熱心にご質問をいただく方も多く、この美術館での開催を決めて良かったという思いでいっぱいです。
 会期は28日までです。是非、足をお運びください。
d0235865_23080223.jpg
d0235865_23072649.jpg
IPhone6です。アンコールワットにて。



[PR]
 本日から和泉市の久保惣記念美術館で「南大阪の写真家たち」展を開催させていただきます。構想からほぼ1年かかっての写真展です。仲間も私も美術館での展示は初めてですし、久保惣記念美術館においても本格的な写真展は初となります。展示方法や広報についても、いつもの写真ギャラリーとは勝手が違います。学芸員の方と相談しながらなんとか今日に漕ぎつけることが出来ました。
 この美術館をご存じない方も多いかと思います。こんな立派な美術館があったのかときっと驚かれますよ。ちょっと不便な交通環境なのですが、是非、足を運んでいただけますようお願いします。
d0235865_00145646.jpg


 

[PR]
 リコーのGRの新製品が出ないのが少し気になっていたのですが、どうやら現在開発中という噂です。そして最大の関心事はセンサーサイズらしいです。APS-Cなのかそれともフルサイズなのかということが噂の的になっているようです。もしもフルサイズとなれば現在ソニーRX1のみのポジションを争うことになります。ソニーは35ミリ、GRは28ミリとユーザーにとっては選択肢が広がります。
 現実的にはセンサーはAPS-Cで十分過ぎるサイズだと思うのですが、メーカーとしてはインパクトが欲しいとなるとフルサイズとなるのかもしれません。私としてはAPS-Cのままで、全てをグレードアップするという方向を良しとしますけどね~、さて、どうなるでしょうか(笑)。
d0235865_00164644.jpg
Iphone6です。カンボジア、シュムリアップの遺跡群にて。


[PR]
 昨日、和泉市の久保惣記念美術館での「南大阪の写真家たち」展の搬入が終わりました。初めての美術館での写真展であり、2フロアでかなりの広さの会場ということもあり、色々不安もあったのですが搬入が無事終了してみると、そんな不安も吹っ飛びました。1Fは銀塩モノクローム作品で比較的オーソドックスな写真の価値観にもとずいた作品群です。2Fはデジタルモノクローム作品でとても斬新な作品群になっています。
 和泉中央駅から距離もあり不便ということもあって、是非見に来てくださいとは言いにくかったのですが、搬入が終わり眺めてみると、是非お越し頂きたいと自信を持って言える展示になりました。会期は17日から28日までです。是非、足をお運びください。
d0235865_23510805.jpg
Iphone6です。アンコールトム、クメールの微笑み。


[PR]